ワンパンマンのネタバレ169話 ガロウ覚醒の兆し

こんにちは、こーです!

今回は、ワンパンマンの169話の内容についてネタバレと感想の記事になります!

前話で、サイタマと閃光のフラッシュが
地下金脈の採掘場で共に戦い、活躍しました。

今回のお話は、ガロウとクロビカリが対戦する話です。

 

【170話】はこちら<<◆>>【168話】はこちら

 

以下、ワンパンマン【169話】のネタバレを含む内容になっております。

 

ワンパンマンのネタバレ【169話】

怪人ごっこ

自称S級ヒーロー最弱のぷりぷりプリズナーに代わり、
ヒーロー狩りガロウに挑むS級ヒーロー超合金クロビカリ。

クロビカリは、超連弾で繰り出されるガロウの拳を全て受け止め、
自慢の筋肉でガロウを弾き飛ばします。

ガロウは壁に叩き付けられ、さらに突進してきたクロビカリによって
何枚もの壁を突き破りながら吹っ飛ばされてしまいます。

そんなクロビカリの姿に頬を染め、うっとりするプリズナー。

惚れられたら筋肉萎えちゃうんじゃなかったっけ?
クロビカリを応援するなら、惚れないであげてほしい(笑)

いかに速く、数が多い攻撃もムダ…そう言われても、
今度は飛び蹴りで同じように攻撃を仕掛けるガロウ。

結果は同じで、思いきり殴り飛ばされてしまいます。

「怪人ごっこはこれまでだ」

その言葉に反応し、クロビカリを睨むガロウ。

ヒーロー協会と怪人協会

オロチとの戦闘中に気を失い…これまで気絶していたガロウは、
ようやく意識を取り戻しますが、状況を把握できずにいました。

このとき、一緒にいたはずのタレオの安否を気遣うところが優しい

クロビカリはそんなガロウの様子を気にしますが、
ガロウは寝ながら戦っていたと失笑混じりに話します。

この程度で勝った気にさせてしまったら悪いと言って構えると、
片手でクイクイと手招きし、クロビカリを挑発します。

ここの構えがシルバーファング(バンク)と同じ

クロビカリの拳を避けて回し蹴りをすると、
続けざまにかかと落としを顔面に食らわせます。

ガロウは、クロビカリを倒すことによって自身の攻撃力は
誰が相手だろうと通用することを証明しようとします。

体勢を立て直したクロビカリはガロウに対し、
怪人協会には相応しくないから贖罪して精神的筋肉を鍛え直せば、
一人前のヒーローになれるだろうと称賛
します。

”精神的筋肉” って…何?

どんな逆境にも負けない、折れない心…かな?

それに対し、ガロウは怪人協会の参謀ギョロギョロに言われた
言葉を思い出します。

「私ならキミを最強の怪人に育てあげられる」

どいつもこいつも…と双方の言葉に呆れるガロウは、
どちらの協会も消滅させると宣言します。

幼少期の経験からヒーローは偽善者だと思い込むガロウは、
ヒーロー狩りはするけど目的は人殺しではなく、
誰にも負けない最強最悪の怪人を目指しているから
価値観の違う怪人協会と決裂したんだよね。

味方は必要ないってことか…。

でも、少なくともタレオは味方だね^^

そんなガロウの企みを阻止すべく、
クロビカリは筋肉を膨脹させ強烈なブチカマシを仕掛けます。

受ければ即死…しかし、流水岩砕拳では受け流すことができず…
ガロウはモロに食らってしまうと、バキバキと音を立てて肋骨が砕け
何十枚もの壁を突き破りながら吹っ飛ばされてしまいます。

「お前は未熟だ」

以前、シルバーファングと手合わせをしたことがあるクロビカリは、
その経験上からガロウにそう告げます。

これまでは運が良かっただけで、相手によっては殺されていただろうと…
身の程を知り、ヒーロー狩りをやめるよう瓦礫に埋もれたガロウに忠告します。

ガロウは起き上がると同時に瓦礫を投げつけ、
クロビカリの忠告を偽善臭いと吐き捨てます。

俺が”怪人ごっこ”なら、お前たちは”ヒーローごっこ”だと言い、
偽善者なヒーローが民衆に支持されているのは始末が悪いから、
命をかけてそんな正義を撃退しようとします。

当たった瓦礫を粉塵にしてしまう筋肉からのタックルを
受ければ即死…と言っておきながらガロウ死んでないし(汗)
本当に命がけで戦っているな…。

一流のヒーロー

一方その頃…地下金脈の採掘場で怪人を撃退し、引き続きトロッコに乗って
怪人王の元へ向かうサイタマとS級ヒーロー閃光のフラッシュ。

マントに穴を空けられ憤慨するサイタマに対し、
「油断するからだ」と呆れるフラッシュ。

「まだまだ三流だな」

フラッシュはサイタマの攻撃を見てそう判断し、スキルを磨くよう忠告します。

フラッシュはサイタマに一流のヒーローについて
以下のように理想論を語ります。

  • 素早く一撃で標的を仕留める
  • 成果を挙げながら痕跡は残さない
  • 誰からも存在を悟られない

「誰からも…」と寂しさを感じるサイタマに、
お前も目立ちたくてヒーローを目指した奴か…と呆れるフラッシュ。

怪人王との対決で一流の手本を見せると豪語するフラッシュに、
「いいよ、俺やるから」とサイタマも譲りません。

サイタマは、フラッシュの理想論を実現してるよね…?

そう…だからこそ、趣味でヒーローやってるとはいえ、
強すぎる故の喪失感、孤独感に悩んでるからね。
フラッシュの言葉を聞いて落ち込んでるね…。

フラッシュは自分が一流のつもりみたいだけど、
自らが望んでいなくてもチヤホヤされているのは
フラッシュの方なんだよね…

この2人…実態は逆ってところが報われない。

倒す気満々の2人に対し、トロッコの運転と道案内を任された
一つ目の怪人は、怪人王オロチの強さに恐れ戦け…と心から願います。

ところで、怪人王倒す気満々だけど…
サイタマが既に倒してなかったっけ?

そう…名前聞かずに倒したから気付いてないんだよね(苦笑)

後で「アイツが怪人王だったの!?」って驚くだろうね。

そして落胆するだろうね。
フラッシュから怪人王オロチって聞いたときに
強そうな名前ってわくわくしてたから…。

ジェノスがサイタマの服の耐久性を危惧しながら
怪人協会との戦闘に参戦すべく、アジトに向かってダダダダと走ります。

ガロウのリミッター

ガロウとクロビカリの死闘も終盤に差しかかっていました。

ガロウの超連弾で繰り出される拳を筋肉ガードで防御するクロビカリ。

その筋肉には絶対的な自信があり、どんな攻撃も通用しないと得意げになり、
攻撃が止んだところで一気にケリをつけようとして考えていました。

最初のときはガードすらしていなかったのに…
さすがにマズイって感じかな?

でも、自分の筋肉を過信しているところが危ないね。

攻撃が止む瞬間を待つクロビカリは、ガードの最中…
ガロウの動きが加速していくことに気付きます。

それも加速のスピードだけでなく、加速する間隔も短くなっていき、
一向に止まる気配がありません。

相手がたった一人とは思えない怒涛の攻撃を打ちつけられ、
クロビカリの頭に敗北の文字が浮かびます。

畏れを感じてしまったのかな?

でも、クロビカリは ”精神的筋肉” 鍛えてるから
きっとまだ大丈夫…なはず。

筋肉の鍛え方が他とは違うのだから、肉弾戦で負けるはずがない…と
まだ戦意を失わず、クロビカリは耐え続けます。

左手は、流水岩砕拳…右手は、旋風鉄斬拳を駆使し、
ガロウはかつて師であるシルバーファングことバングと
その兄ボンブから受けた連撃をクロビカリに対して浴びせ続け、
筋肉の要塞を破壊しようとします。

ガロウの繰り出すこの連撃は、連携奥義・交牙竜殺拳であり、
本来単独では実現不可能な技だった。

しかし、それ以上にこれまで命がけで強敵に挑み、何度も傷つきながら
積んできた実戦経験と得た体術は、この程度では留まりません。

人類最高峰レベルの肉体に仕上げ、肉弾戦において頂点とされる
圧倒的な防御力を兼ね備えたクロビカリにですら、ガロウは止められません。

格上の相手との戦闘にて、退路を断たれ万策尽きたりと
追い込まれれば追い込まれるほど真価を発揮し成長します。

戦いの中で成長するタイプとはいえ、
成長スピードが尋常じゃない…それだけ思いが強く、
目的がハッキリしているからこそなのかな?

ここまでずっとガートし続けてきたクロビカリは、
「調子に乗るな」と全力で必殺技 ”超合金バズーカ”をぶっ放します。

その拳に対して、同じく拳をぶつける形で受け止めるガロウ。
そのとき、ガロウの身体に変化が起き…リミッターが外れようとしていました。

拳を突き合わせて受け止めたことによって
ガロウの強さがより伝わってカッコ良い!

主人公なんじゃないか?って勘違いしそうになるし、
つい、応援したくなってしまう…

ワンパンマンのネタバレ169話 まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、ワンパンマンの169話のネタバレと感想について
書かせていただきました。

気になるところで終わりましたね。

他にもあらゆる場所で複数のヒーローが
複数の怪人と戦っています。
この戦闘の続きはしばらくお預けかもしれません。

次回はどんな戦いが待っているのでしょうか。
今後の展開に期待しましょう!

 

【170話】はこちら<<◆>>【168話】はこちら

 

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です