>>無料でヒロアカを全話みる

ワンパンマンのネタバレ【166話】新フブキ組

こんにちは、こーです!

今回は、ワンパンマンの166話の内容についてのネタバレと感想の記事になります!

前話は怪人協会幹部たちに苦戦を強いられているS級ヒーローたち、そしてギョロギョロの本体がついに姿を現しました。

地下深くに潜んでいましたがタツマキによって感知された為、ポチに迎撃に向かわせようとします。

今回のお話はポチvsフブキ、シルバーファング、ボンブ戦です。3人はポチに勝つことができるのでしょうか?

【167話】はこちら<<◆>>【165話】はこちら

 

以下、ワンパンマン【166話】のネタバレを含む内容となっています。

ワンパンマンのネタバレ【166話】

ポチVS フブキ・シルバーファング・ボンブ

ポチは強力なエネルギー弾を連射します。

間一髪のところで躱し、壁に潜む3人。

148話でサイタマに吹っ飛ばされた憂さ晴らしでしょうか。ポチの攻撃は止む気配がありません。

元々手負いのようだが、

鎮めるなら弱っている今が好機だ

ファング、ボンブは応戦しようと反撃の機会をうかがいます。

おそらく怪人協会最強の一角、とシルバーファングに言わしめるほどの実力をもっているポチですが、

サイタマの前ではただのわんこと化してました。

サイタマの前では攻撃は躱された上に手も足もでないまま、殴られてたもんね。

ポチってかわいい名前のくせに見た目と攻撃の破壊力がかわいくなくてミスマッチだよね

一方、「キングと別行動すべきじゃなかった」と後悔するフブキ。

キングと行動してる方が逆に危なかった気がする・・・。

そんなフブキをよそに、エネルギー弾を放ち続けていてポチの姿が見えなくなります。

すると、陰に潜んでいた3人の前にポチが出現。

しまっー

エネルギー弾を放つその時、フブキの前に盾になるようにシルバーファングが流水岩砕拳、ボンブの旋風鉄斬拳を構えます。

放たれる巨大なエネルギー弾、三人は一体どうなるのでしょうか?

フブキ、最善の策

ポチ放ったエネルギー弾はフブキたち3人がいた場所を吹き飛ばし、さらに潜んでいた建物すら倒壊させました。

エネルギー弾をを受けた3人、シルバーファング、ボンブはなんと無傷でした。

今の私が防がなかったらあなた達跡形もなくなってたわよ

二人とは対照的に目から流血しているフブキ、なんとポチのエネルギー弾を超能力で防ぎました。「次は防げない」とさらに血を流し満身創痍なフブキ。

そんなフブキの前に再びポチが登場。

逃げようがないわ。みんなごめん

強化メンバーを迎えてチームを立て直そうっていうときにリーダーがいなくなるなんてふがいないわよね

と諦めたフブキ。フブキ組のメンバーを思いながら自分のふがいなさを思います。

フブキ組の回想にさりげなく、サイタマやジェノスが入っているね

いつの間に二人はフブキ組のメンバーになってたんだっけ (笑)

フブキ組のリーダーとして彼女が考えた最善の策は-

新フブキ組の二人とも!私が壁になるからスキをみて逃げるのよ!

自らが盾になり二人を逃がす策でした。仲間思いのフブキ、助かるにはこの方法しかない、と話します。

応戦する気満々だった二人はへ?とぽかんとした様子

「肉体強化してあげたから今なら少し早く動けるはずよ」とフブキは、なんとか二人に逃げのびてほしい。そんな面持ちで話します。

容赦なく、ポチのエネルギー弾が3発連射されます。二人に「いきなさい」と促し、いよいよ覚悟するフブキ。

超能力って肉体強化もできたの

なんでもありですね

最強おっさん二人組

エネルギー弾が直撃する瞬間、エネルギー弾3発が後方へ流されるように起動を変えて壁に着弾します。

こぶしのキレがもどったぜ。とシルバーファング。

なんとフブキの肉体強化のおかげで膝の痛みや腰の痛みが軽減し、全開再びポチと戦います。

いくぜ、お兄ちゃん!のかけ声とともに左右からポチを挟み撃ちするように兄弟の連携奥義「流水・旋風交牙竜殺拳」(りゅうすい・せんぷうこうがりゅうさつけん)が炸裂。ポチに直撃します。

 

兄弟二人の連携奥義は果たしてポチに通じたのでしょうか。

ワンパンマンのネタバレ【166話】まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、ワンパンマンの166話のネタバレと感想について書かせていただきました。

仲間の為に命を張るフブキが印象的でした。超能力の一つに肉体強化があるのは驚きでしたが、これは仲間思いのフブキだからこその力なのでしょうか。

ポチの攻撃を防いだ超能力は姉・タツマキに劣らず目の見張るものがありますね。

次回、ポチ戦決着です!

 

【167話】はこちら<<◆>>【165話】はこちら

 

 

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です