ワンパンマンのネタバレ【165話】本体

こんにちは、こーです!

今回はワンパンマン165話の内容についてのネタバレと感想の記事になります!

前話で、S級ヒーロー童貞vs怪人協会幹部エビル天然水との戦い、そしてサイタマ・閃光のフラッシュも迷子になりながらも、ようやく怪人協会深部へ向かう為の案内役を見つけ?ました。

今回のお話は、前話から続きヒーロー協会内におけるC級、B級、A級のランク付けの基準、その中でのS級ヒーローの存在のお話から始まります。

 

【166話】はこちら<<◆>>【164話】はこちら

 

以下、ワンパンマン165話のネタバレを含む内容になっております。

ワンパンマンのネタバレ 【165話】

ヒーローと恐怖

前話より、S級ヒーローとは災害レベル「鬼」の怪人を単独で撃破でき、且つ軍隊一個師団程の戦闘能力をもつ者。

世間一般の認識として「S級は壊れている」というのが共通していることがわかりました。

S級ヒーローって改めて怪物なんだね

現在戦闘中のS級・A級ヒーロー
  • S級ヒーロー10位 豚神VSハグキ
  • S級ヒーロー4位 アトミック侍VS黒い精子
  • S級ヒーロー8位 ゾンビマンVSホームレス帝
  • S級ヒーロー5位 童帝VSエビル天然水
  • S級ヒーロー17位 ぷりぷりプリズナーVSガロウ
  • A級ヒーロー1位 イケメン仮面アマイマスクVSブサイク大統領

常識外れな戦闘力を誇るS級ヒーローですが、怪人協会幹部との対決では多くのS級ヒーローが苦戦を強いられています。

そう、S級ヒーロー、彼らトップヒーローがバケモノ扱いされるのはあくまでヒト社会での話。

この日、ヒーロー集団は初めて本物のバケモノ集団と接触しました。

死を覚悟するということ

人ならざる力を手にした者たちほど縁の無い話になっていく

彼らもまた、今日死ぬ覚悟はできていなかった

 

恐怖

 

彼等の脳裏に久しく忘れていた感覚が再び現れ始めていた。

自身の力を超えるバケモノに出会ったことで、恐怖という感情を思い出してしまったんだね

戦慄のタツマキの存在

ヒーロー協会内部にも今回のような凶悪怪人の出現やS級ヒーローの苦戦を想定しているものがいましたが、

セキンドルを始めとする協会職員が、突入メンバーの戦闘力に絶大な信頼を寄せている理由がありました。

S級ヒーロー戦慄のタツマキ、彼女の存在です。

彼女の存在は、正攻法で勝てる生命体はこの世にいない、といわれるほどに戦闘能力が高く、協会の最終兵器ともなっています。

 

ギョロギョロの本体

場面は変わってギョロギョロVSタツマキ

圧倒的な力でギョロギョロを退けたタツマキ、ギョロギョロが肉人形だと見破り、超能力で中から本体を引きずり出していました。

 

これがギョロギョロの中身・・・本体ってわけ?

タツマキ・・容赦ないな

中からでてきたのはただの肉の塊でした。

この肉の塊は、ギョロギョロの本体が耐久性の高い肉壁を念動力でちぎりとばして、操りやすいようにサイズを調整して作り上げたものでした。

ギョロギョロの本体は、タツマキをどう排除するかと思案します。

ほかのS級はなんとかなるにしても、このタツマキだけは頭を抱えさせられる最後の鬼門だ

ホームレス帝や黒い精子を組ませればどんな奴でも倒せる、というギョロギョロ。

怪人協会は奇跡的なほど凶悪な構成員に恵まれたのだ!!!

ギョロギョロの本体は、テレパシーで怪人達に指示を出し、タツマキを囲い倒そうと企みます。

本体は一体どこに隠れているのでしょうか?

怪人協会の怪人たちでさえ本来の居場所を知らないというギョロギョロの本体。

 

なんと本体は、はるか地下千五百メートルに潜んでいました。

地下からいくつかの中継ポイントを設置して念波をとばし、人形を操作していたんですね。

真の支配者としてでてきたギョロギョロの本体はなんと女性型をした怪人でした。

人類が滅んでいくさまをゆっくり楽しませてもらおう、と傍観する姿勢。

 

一方、遥か上のタツマキはこう言い放ちます。

あぁ、そこにいたのね。見つけた

それに対し、みつかった・・・?とギョロギョロ

いくらタツマキでもこの場所に気づくわけが・・・と困惑を隠せません。

しかし、確かにタツマキの目線は地下の本体をとらえていました。

人形からもれでたわずかな念波から発信源を感知したのか・・・!?

タツマキすごすぎる・・・。

いつまでもこそこそしてないでお祭りに参加しなさいよ

と地下の本体に向けて金縛りを仕掛けます。

予想外の反撃に、タツマキの気をそらそうと育ちすぎたポチに最大出力でテレパシーをとばします。

さて、サイタマVSオロチ戦でサイタマへの恐怖のあまりに逃走したポチ、どこにいるのでしょうか?

ポチ戦開始

フブキ・シルバーファング・ボンブの三人がポチの巨大なエネルギー弾が発射され、吹き飛ばされていました。

次回はポチvsフブキ・シルバーファング・ボンブの対決です。

怪人協会幹部に引けを取らない力をもったポチ、果たして3人は勝つことができるのでしょうか?

次回も目が離せません!

ワンパンマンのネタバレ165話 まとめ

いかがだったでしょうか。

今回はワンパンマンの165話のネタバレと感想について書かせていただきました。

S級ヒーローたちは怪人協会幹部との戦いで苦戦を強いられていました。果たして勝利することができるのでしょうか。

今回はタツマキの戦闘能力の高さを改めて実感させられましたね。

次回のポチ戦も注目です!

 

【166話】はこちら<<◆>>【164話】はこちら

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です