>>無料でヒロアカを全話みる

ワンパンマンのネタバレ【163話】「壊れている」

こんにちは、こーです!

今回は、ワンパンマンの163話の内容についてネタバレと感想の記事になります!

前話で、パワーアップしたジェノスの助けもあり、人質救出作戦にでていたセキンガル、A級ヒーローと救出されたワガンマがZ市を脱出しました。

今回のお話は、ガロウvsぷりぷりプリズナー戦から始まります。怪人王オロチとの戦闘の結果、ギョロギョロに捕らえられてしまったガロウ、解放されたガロウは狂犬のごとく暴れ回ります。果たして、止めることができるのでしょうか。

 

【164話】はこちら<<◆>>【162話】はこちら

 

以下、ワンパンマン163話のネタバレを含む内容になっております。

ワンパンマンのネタバレ【163話】

S級ヒーロー超合金クロビカリ

音を立てて飛ばされてきたのはぷりぷりプリズナー

まさかこうも一方的にヤられるとは

ぷりぷりプリズナーのもつ剛毛アーマーをもってしても、ガロウの鋭い攻撃を防ぐことはできませんでした。そんな中、一人のヒーローが現れます。

誰にやられた?プリズナーさん

といって颯爽と現れたのはS級ヒーロー超合金クロビカリです。

ガロウに成すすべなく敗れたぷりぷりプリズナーは、クロビカリに「ガロウをただの青年だと侮るな」、「S級ヒーローでもタイマンで相手をするのは難しい相手だ」と油断してかかると危険であることを警告します。

わかった! あんたに代わって俺がガロウを打ち砕いてやる

クロビカリは自信満々に答えます。日々の鍛錬や鍛錬で培われた筋肉に絶対的な自信を持つ彼に揺るぎはありません。

この超合金クロビカリのフルパワーをぶつけるに値する相手かな?

「ヒーロー狩り」ガロウと対面したクロビカリ、いよいよ戦闘が始まります。

怪人・蟲神を圧倒的な力で倒していたクロビカリ、フルパワーでの対決がみてみたいですね!

童帝vsエビル天然水

ワガンマを救出後、もう一人の少年の救出に向かった童帝。

怪人協会内部を進みます。

フェニックス男との戦闘で最終兵器ブレイブジャイアントを使用してしまった為、仲間との合流を目指します。

その道中、A級ヒーロートップを誇る三剣士、イアンイアン・オカマイタチ・ブシドリルが倒れているのを発見します。アトミック侍の弟子でもある彼らになにが起きたのでしょうか。

ここから離れろ、まだ近くにいる・・・!!

負傷しているイアンイアンが言った瞬間、童帝に向け鋭い攻撃が放たれます。間一髪でよけ、攻撃がきた先に目を向けます。

そいつは幹部だ!!逃げるんだ早く!

イアンイアンは童帝にこの場は逃げるよう強く言います。その目線の先には巨大な液状の塊、まるで生き物のように動く生命体。

怪人協会幹部の一角、エビル天然水です。

液体からギョロっと目が見開かれ、続けて鋭い攻撃を飛ばします。

攻撃とともに、怪魚「マッドドクターフィッシュ」も襲い掛かります。

「魚は液状と化した海水に共生しているだけか」、と敵が魚を操る能力をもった怪人ではないことを素早く分析します。

敵の攻撃をよけながら、辺り分析する童帝。三剣士が戦闘で使っていた刀がすっぱり綺麗に切断されていることを発見します。

そこから、攻撃が水圧カッターのようなに鋭い攻撃であること、当たったら致命傷になることを見抜きます。

戦闘中に相手の攻撃を冷静に分析することができるあたり、もう小学生の域を超えていますね。

 

駆け付けたのが僕でよかった。僕なら対抗手段がある!

と自信に満ちた笑みを浮かべます。

ランドセルから兵器のパーツが出現、素早く組みあがります。完成したのは雪だるまのような形をした兵器でした。

急速冷凍ブレス!!!

雪だるまからブレスが発射され、みるみるうちにエビル天然水の体が凍っていきます。

果たして、童帝はエビル天然水に勝利することができたのでしょうか?

次回に続きます!

ワンパンマンのネタバレ【163話】 まとめ

いかがだったでしょうか。

今回はワンパンマン163話のネタバレと感想について書かせていただきました。

筋肉の鎧を纏ったクロビカリと怪物と化しているガロウ、一体どういった対決になるのでしょうか?

また、液体生命体という未知の敵と対峙する童帝、必殺の冷凍ブレスは果たして効いたのか?決着がついてしまうのでしょうか。

怪人協会幹部たちはどれも強敵揃いでそれぞれS級ヒーローも苦戦を強いられています。どの対決も目が離せません!!!

 

【164話】はこちら<<◆>>【162話】はこちら

 

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です