>>無料でヒロアカを全話みる

ワンパンマンのネタバレ【161話】裏の気配

こんにちは、こーです!

今回は、ワンパンマンの161話の内容についてネタバレと感想の記事になります!

前話は怪人・ニャーンvsS級ヒーロー駆動騎士戦でした。駆動騎士の変幻自在の攻撃により追い詰められるニャーン。激しい戦いを制したのは駆動騎士でした。

今回のお話は、ニャーンとの戦闘を終えた駆動騎士から始まります。誰よりも早く怪人協会のアジトに気づき、調査に向かった以降通信が途絶えてしまい、やられてしまったのではないか。と言われていました。一体なにをしていたのでしょうか?

【162話】はこちら<<◆>>【160話】はこちら

 

以下、ワンパンマン161話のネタバレを含む内容になっております。

ワンパンマンのネタバレ【161話】

駆動騎士の戦い方

A級ヒーローが苦戦していた相手を圧倒的な力で倒した駆動騎士。

セキンドルが勝利に歓喜します。

素晴らしい!S級なら幹部怪人といえども相手にならんな!

しかし、駆動騎士は「敵が油断していたこと」、「事前に敵の戦闘データ収集できたこと」が勝因だといいます。

敵のデータを収集とは、どういうことでしょうか。

彼ら(A級ヒーロー)との闘いを観察させてもらった

なんと、A級ヒーローたちとニャーンとの戦闘を観察し、データを集めていたのです。

もっと早く加勢に来てればチームの被害を抑えられたんじゃないのか!?

セキンドルの言葉に対し、駆動騎士は

これが私の戦い方だ。勝率を上げる為に利用できるものはすべて利用する

と淡々と語ります。

ヒーローとしてあるまじき発言のような気がするけど、こうゆう戦い方もあるんですね。

ヒーロー協会の現状

セキンドルは駆動騎士に、「今まで連絡せずにどこにいたのか」と問いただします。以前に童帝に協会内に内通者がいるのでは、という話をしていたのが頭をよぎります。

駆動騎士は一足先に怪人協会に潜り込み、本拠地の内部マップや幹部の戦闘能力等のデータを人知れず収集していたのです。本来はS級ヒーローたちが突入する前にデータを渡す予定でしたが、「裏切り者に傍受されることを危惧し、通信手段をとれなかった」と話します。

ヒーロー側の戦力は今どうなっている?

セキンドルは駆動騎士から裏切り者についてつかんでいる情報を聞こうしました。ですが先に聞かれた為、金属バットやタンクトップマスター等A級の有力ヒーローがすでにヒーロー狩りによって戦闘不能状態にあることを伝えます。

つまり今、新たな緊急事態に駆け付けられる実力者はおらず、ヒーロー協会は手薄だとういう訳だな?

この質問の意図は一体なんなのでしょうか。謎が深まります。

裏切り者はだれか

セキンドルは、怪人協会がこの隙をみて本部に仕掛けようともメタルナイトが設定した防衛迎撃システムが備わっているので問題ない、と伝えます。

お前たちがそんな言葉を本気で信頼している時点ですでに半分は陥落しているような状態だな

この発言からセキンドルは駆動騎士が内通者が「メタルナイト ボフォイ博士」ではないか、疑っていることを知ります。根拠について、駆動騎士は語ります。

ボフォイ博士が所有するメタルナイトはS級ヒーローたちの突入前に怪人王・オロチによって破壊・分解されました。これは決戦前にメタルナイトが保有するデータの流出を招く最悪のタイミングでした。

駆動騎士は、メタルナイト自体がボフォイ博士が怪人協会にあてたプレゼントなのではないか、と睨みます。

破壊により、機体のデータが解析・収集もしくはシステムがハッキングされてしまったとしたら防衛システムや迎撃兵器は起動せず、むしろミサイル発射システム等の兵器の指揮権をすべて奪われてヒーロー協会自体が崩壊しかねない、と話します。

彼がすべてを計算してわざとオロチに負けた・・・と?

セキンドルは動揺を隠せません。駆動騎士は「ヒーロー協会の戦力を衰える瞬間を狙っている、ボフォイ博士は悪人だ」と続けます。

本当の目的は、個人の軍事力を高め世界を乗っ取ること。その為にヒーロー協会が邪魔なのだと話します。

本当なのでしょうか?話が大きすぎて信じがたい内容です。

証拠がないのになぜそこまでボフォイ博士を疑うのだろう。逆に駆動騎士も怪しく思えてくる・・・・

ジェノス参戦

協会本部が襲撃されたとして、1位ブラストが動くと思うか・・?

と駆動騎士は問います。これに対しセキンドルは「私の見解では、彼は引退したようなものだから、動くことはないと思う」と伝えます。

セキンドルは本部の襲撃の可能性を危惧し、ヒーロー協会本部の警備を強化しようと連絡を取ります。すると、突然セキンドルが持っていた通信機器が破壊されました。

攻撃があった先に目を向けるとロボットが二人に向かって歩いてきます。

なんと現れたのは152話でアトミック侍によって切られボロボロになった怪人・機神G5でした。

敵の出現に、セキンドルは駆動騎士に倒してくれと言いますが、駆動騎士はニャーンとの戦闘でエネルギーが尽きていることを話します。

そして、ニャーン戦で負傷しているヒーローたちは、誰一人として動く気配はありません。

まだ動けるのは私だけか・・・。相手もすでにボロボロの状態。幹部ビームを打ちまくればあるいは・・。

と勝機を見出します。そんな淡い期待をよそに機神G5が割れました。中から出てきたのは小さい機体。

これが機神G5の本体なのでしょうか。大きさに反して機動力や破壊力がありそうです。セキンドルに襲い掛かります。

やっぱダメかも

セキンドルの心が折れたその時、光が急接近し本体を蹴り飛ばし破壊しました。

お前もバージョンアップしているようだが、俺のほうが成長スピードが速いようだな。

現れたのは、パワーアップしたジェノスです。

次回より、やっとジェノス参戦です!

ワンパンマンのネタバレ【161話】 まとめ

いかがだったでしょうか。

今回はワンパンマン163話のネタバレと感想について書かせていただきました。

果たして、駆動騎士のいう通りボフォイ博士が内通者なのでしょうか。個人的には駆動騎士も怪しいのではないか。と思ったりしてます。謎は深まるばかり・・。

次回からパワーアップしたジェノスの活躍が楽しみです!

 

【162話】はこちら<<◆>>【160話】はこちら

 

スポンサードリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です