ワンパンマンの強さランキングTop20

こんにちは、こーです!

今回は、『となりのヤングジャンプ』で連載中の人気漫画「ワンパンマン」の登場キャラクターのランキング付けを行ってみたいと思います!

どんな敵でもワンパンでぶっ飛ばしてしまう名もなきヒーローの「サイタマ」が主人公。サイタマの強さは最早異次元ですが、それ以が外のキャラクターも強者揃いです!

今回のランキングは、本編中での各登場キャラクターのこれまでの活躍を基に綿密に考えて考察してみましたので、ぜひ最後まで読んでください!

ヒーロー、ヴィランごちゃ混ぜでのランキングになります。
では早速ランキングに移りましょう!

ワンパンマンの強さランキング

20位 阿修羅カブト

あるマッドサイエンティストが「人類と言う種の進化」の推進のために結成された『進化の家』と呼ばれる、人体実験に近い肉体改造を行う秘密機関によって産み出された怪人。

『進化の家』で作成された中では最も強力かつ凶悪な怪人で、『進化の家』の総指揮者であるジーナスから「コントロール不可能」とみなされ、強すぎるが故に施設の奥深くに監禁されていました。

S級ヒーローのジェノスを圧倒する程の実力を有し、その上「阿修羅モード」という”暴走モード”に入れば肉体のスペックはさらに上昇します。

19位 駆動騎士

S級ヒーローの中で9位に位置するヒーローで、”一つ目”で常時全身黒のアーマーを装着しているのが特徴的。

本編では登場シーン自体あまり無く、駆動騎士の戦闘力を測れる描写も少ないですが、その数少ない戦闘シーンだけでも駆動騎士の実力の高さが伺えます。

戦闘スタイルは、駆動騎士が常時持ち歩いている「黒のボックス」を自由自在に分解・組み合せなどすることで自分自身に纏わせ、その場その場に合った戦闘スタイルを形成するという『戦術変形』という戦闘方式を取ります。何となく「アイアンマン」を連想させますね。

怪人協会の幹部「ニャーン」との戦闘により強さの証明がされたと思われます。

まだまだ謎な部分が多いヒーローですが、強いことは間違いないでしょう。

18位 ゴウケツ

格闘技の大会「スーパーファイト」で初代王者の座にいたゴウケツ。しかし、怪人協会が派遣した怪人にあっさり敗れ、怪人協会に生け捕りにされてしまい、怪人協会の参謀「ギョロギョロ」に、食べると強さを得られる代わりに怪人と化してしまう「怪人細胞」を食べるか否かの選択を強いられ、結果的に怪人となってしまいます。

怪人化したゴウケツの災害レベルは「竜」。危険度を表す5段階の災害レベルの中で2番目に危険度の高いレベルです。

人間であった時からすでに強かったのですが、怪人となりその強さはさらにパワーアップ。体長は10mを超え、A級ヒーローでも太刀打ちできないほどの強さを手に入れました。

元々武術の達人であったこともプラスして、ゴウケツの強さは最早怪人協会の幹部クラスといってもいいでしょう。

17位 ハグキ

怪人協会の幹部。見た目は大きな口に手足が生えただけの異形の怪人です。

戦闘時は大きな口と強靭な歯を使って相手を丸呑みにするというシンプルな戦い方。S級ヒーローでハグキと同じような戦い方をする「豚神」を丸呑みにし、戦闘不能に追い込みました。

ただ、その後にバングに瞬殺されているため、戦う相手の相性によって強さが変わってくると思われます。拳法使いには弱そうですね(笑)

16位 ブサイク大総統

怪人協会の幹部の1人で、ブサイクに産まれたが故にモテず、その負の感情が爆発し怪人になってしまった悲しい男。

初登場時はA級1位のアマイマスクとの対戦でした。実はアマイマスクはブサモンに対して極度の拒絶反応を示してしまう体質で、この時はブサイク大総統が戦いを優利に進めました。

戦闘能力としては、

  • アマイマスクに「早い」と言わしめる程
  • ジェノスの蹴りでも効果無し
  • 細胞を変質させることができる

というもの。

が、その後にバングによって一撃で葬られたため、はっきり言って強いのかどうかは不明です(笑)

15位 ボンブ

頭はハゲでアゴに長いヒゲを蓄えた老人。一見強そうには見えませんが、実はS級ヒーロー「シルバーファング」の実の兄で、旋風鉄斬拳の使い手です。

ヒーロー協会に所属しておらず、普段は何をしているのかは不明ですが、着衣からして武術の道場を営んでいるようにも見えます。実力派弟のバングと引けを取らない程で、バングとのコンビ技なんかもあったりします。

このコンビ技で、怪人協会の幹部だったムカデ長老に深手を負わせるシーンなどもあり、ヒーローとして活動していればS級入り間違いなしのキャラですね。

14位 バング(シルバーファング)

15位のボンブの弟で、S級ヒーローの中で3位に位置しているかなり腕の立つ老人。鍛え上げられた肉体は81歳になった現在でも衰えを見せず、流水岩砕拳という拳法の現役の達人です。

ヒーロー狩りのガロウの元師匠で、暴走している弟子を止めるべく兄のボンブと奔走中。

怪人協会の幹部である「ブサイク大統領」と「ハグキ」を瞬殺できるほどの実力の持ち主であることから、その腕は全く衰えていないと見られます。

こんなかっこいいじいちゃんが欲しいですね(笑)
バングとボンブの若い頃を見てみたいです!

13位 カミカゼ(アトミック侍)

S級ヒーローの4位に位置する実力者です。侍のような風貌にマンとを羽織り、見た目通りの日本刀の扱いに長けた剣豪です。

必殺技の「アトミック斬」は、一瞬で敵を粉々になるまで切り刻むという超カッコいい剣術です。ワンパンマンヒーロー大全によると、1秒間に100を超える斬撃を放ち、原子をも寸断するほどの技だそうです。

怪人協会の黒い精子との戦闘では、この”細かく切り刻む”という技の特性が逆に相手を有利な方向に導くこととなってしまい、敗北してしまいましたが、黒い精子が相手でなければかなり強力な剣豪であることは間違いないですね。

僕がこの漫画の中で一番好きなキャラです!

12位 ギョロギョロ

怪人協会の参謀を担っている、1つ目玉で身体から触手が生えているいかにも怪人らしい見た目の怪人。自身の分身と思われる目玉を飛ばして遠方の状況を観察することもできます。

また、ヒーロー vs 怪人協会編で、ギョロギョロの真の能力が判明しました。タツマキと同様のエスパー能力使いだったようで、重力を数百倍に上げるなどの超能力を見せました。

参謀ということで戦闘には向かないのかな?と思っていましたが、超能力者としてはかなりの使い手でしたね。ただ、この時の相手が同じエスパー使いで格上のタツマキだったことが敗因でした。

また、怪人協会編の終盤でギョロギョロの正体が「サイコス」いう謎の女性であることが明らかになりました。
彼女がどういった目的で怪人協会を運営していたのか?彼女はどこかの組織の人間なのか?新たな謎が生れました。

11位 閃光のフラッシュ

S級ヒーローの中で13位に位置しています。アトミック侍と同じように戦闘には剣術を用います。アトミック侍との違いは、圧倒的なスピードを駆使して戦うということでしょうか。純粋な戦闘力だけで評価すれば、S級ヒーローの中でも上位に食い込むと言われているほどの実力者です。

ヒーローvs怪人協会編では、災害レベル「竜」になった疾風のウィンドと業火のフレイムを一太刀で両断する描写があり、実力の高さが伺えます。

また、この戦闘シーンの最中に閃光のフラッシュの出生と生い立ちについて一部触れられる所がありました。「村」というのが何なのか気になりますね~。

10位 ムカデ長老

怪人協会の幹部で、超大型怪人です。見た目は数千mもある超巨大なムカデで、強固な外骨格に守られ、並大抵の攻撃は通じず、動きも俊敏でスピードとパワーを兼ね備えた攻撃を繰り出せるという、本作でも最大級の強敵でした。

本気のバングとボンブの合わせ技をもってしても倒しきることはできず、比較的弱いとされる体内からの攻撃を受けても再生するなど、もはや絶望レベルの強敵で、バングやボンブには死を覚悟させるほどでしたが、最後にはサイタマの「マジ殴り」に敗れました。

9位 ホームレス帝

怪人協会の幹部で、元サラリーマン。サラリーマン時代に、酒の席で上司から裸踊りを強要され、後日それがセクハラと見なされ会社をクビになり、ホームレスとなってしまったところに、ホームレス帝曰く「神」という存在から神通力を与えられ、怪人となりました。

「神」から与えられた能力は、

  • 強力な光弾を作り出し放つことができる

というもので、S級ヒーローのゾンビマンとの対決で、始めはゾンビマンを圧倒しますが、ホームレス帝が「神」の存在を語ろうとしてしまったために、神通力を没収され、ゾンビマンに敗れました。

もし神通力の没収が無かったら…..S級ヒーローでも苦戦を強いられるほどの強敵だったでしょう。

8位 黒い精子/黄金精子

怪人協会の幹部で、見た目に反して災害レベルは「竜」に認定される強者です。

黒い精子の身体は、11兆4491億71万2554体の極小の黒い精子の群衆体で、群衆体であるが故に分裂・合体が可能です。

MEMO

例えば、身体を二つに分裂させたとしたら、約6兆弱の黒い精子の群衆体が二つできるという感じですね。この二つが再度合体すれば約11兆の1つの個体になります。

1個体からいくらでも分裂することができ、数十体の黒い精子の軍団となることも可能で、しかも分裂したとしても一つ一つの個体がS級ヒーロー並みの戦力を有するという凶悪な怪人です。

黄金精子へ昇華

黒い精子の奥の手として、多数の黒い精子の個体を合体・永久結合することで多細胞精子となり、戦闘力が飛躍的に向上します。これに加え、約10兆の黒い精子が永久結合することで黄金精子となり、こうなるとS級ヒーローでさえ太刀打ちすることは難しくなります。

この合体のデメリットとしては、永久的に合体してしまうために再度の分裂・変形ができなくなってしまうということと、合体後の多細胞精子は1つの個体とみなされ、その個体が致命的なダメージを受けると合体した分全ての精子の命が奪われてしまうことです。

ONE先生曰く「本調子のタツマキなら黄金精子を倒せる」とのことです。

7位 ガロウ

普通の少年はヒーローに憧れるものですよね。しかし、ガロウはなぜか怪人をカッコいいと思っていました。当然、そんな少年ガロウには仲の良い友達などできず苛められる幼少時代を過ごしました。

ガロウは次第にヒーローを憎むようになり、青年になったガロウは「ヒーロー狩り」を始めます。

元バングの流水岩砕拳の門下生であり、元々戦闘センスはピカイチだったガロウは、上位のヒーローを”狩る”過程でさらに実力を向上させていきます。

怪人協会編では、ついに怪人として覚醒し、怪人協会幹部で最強の一角を担う黄金精子を瞬殺します。

 

ついに怪人になってしまったガロウですが、サイタマとの1vs1では結局圧倒されて終了となりました。

6位 育ち過ぎたポチ

怪人協会の内部で飼育されている化け物で、巨大な犬のような形をしていますが、初登場の際はもし仮に犬が原型だとしてもその原型を留めていないというほど異形の怪獣で、不気味な雰囲気でした。

見境なく誰にでも襲い掛かる獰猛な性格であったことから、怪人協会内でも世話にはてこずっていましたが、サイタマとガロウが「お座り」を躾けたことにより多少の落ち着きを得ました。

攻撃時は口から強力な光弾を放ち、獰猛に獲物に襲い掛かる描写は恐ろしくもあります。ガロウの渾身の一撃も全く通用せず、ガロウ自身が死を覚悟するほどの強敵でしたが、怪人協会崩壊後に、育ちすぎたポチの正体が子犬だったことがわかりました。

怪人化が解けたポチは、今現在サイタマに飼われています。

5位 エビル天然水

怪人協会の幹部レベルの怪人で災害レベルは「竜」。しかし、知能などは無いため”幹部扱い”となっています。

見た目は透明な液体の中に2つの眼球が浮かんでいて、体内にはマッドドクターフィッシュを共生させています。

相手の殺意や敵意に反応し、反射的に攻撃を繰り出します。攻撃方法は液体の身体から超高圧で水鉄砲を発射するというもので、鉄ですら余裕で貫通する威力を持ちます。ウォーターカッターが連想できますね。S級ヒーローのアマイマスクですら余裕で貫通させる威力を誇ります。

また、こういった生き物でよくある、液状の体内に敵を閉じ込め、敵を窒息死させるという戦い方も可能。

唯一弱点を挙げるとすれば、知能を持たないということでしょうか。相手の敵意に反応して攻撃するため、相手が敵意を抱かなければエビル天然水も攻撃することは無いということになります。

4位 タツマキ(戦慄のタツマキ)

S級2位にランクインしているエスパー使いの女性です。攻撃方法としては、「重力操作」や「超能力で重量物を操り敵にぶつける」などが多めです。因みに超能力を利用して彼女自身は常に浮遊していることが多め。

今のところ超能力の出力限界は示されておらず、巨大なビルごと浮かせて飛ばしたり、衛星軌道上から隕石を誘導して狙った箇所に落とすなどの芸当が可能。彼女を怒らせれば地球が滅亡の危機である。

S気のある性格で、常に人を見下しているような言動をとることが多く、見た目の幼さと同様に性格も幼稚なところが多々見られますが、実年齢は28歳。

3位 オロチ

怪人協会の党首で最強の怪人。実は元は一般的な男性の人間でしたが、ギョロギョロによってこのような異形の怪人となりました。

強さにしか興味が無く、非常に冷酷な性格で、まさに闇のボスにふさわしい見た目と内面を持ち合わせた怪人ですね。味方の怪人であろうと、敗北したものには容赦なく死を与えます。

怪人化したゴウケツ曰く、「地球上にあれより強い生物はいない」とのことで、少なくとも怪人協会の中でオロチに敵う者はいないようです。怪人協会には荒くれものがおおいですから、オロチの強大な力による統制が無ければとっくの昔に破綻していたかもしれませんから、怪人協会を維持するためにもオロチの脅威は必要だったのかもしれません。

自身に生えた”角”を自由自在に操り敵を攻撃します。本気モードでは多数の大蛇の顔を身体から作り出し火炎を吐きまくるという、まさに”オロチ”といった怪物となります。

また、単純なパワーだけでなく、敵の武術の型を盗むということも可能で、武術にも精通している節があります。

これだけ聞くとチート級の強さですが、戦った相手がサイタマだったので敢え無く撃沈となりました。

2位 ボロス

遥かかなたの宇宙からやってきた暗黒盗賊団ダークマターの頭目で、全宇宙の覇者と呼ばれた人物。宇宙船に乗って地球へ突如として飛来し、一斉砲火でA市に壊滅的打撃を与えました。

ボロスが普段着用している鎧のようなものは、ボロス自身の強大過ぎるエネルギーを抑えるためのもの。ボロスが放出するエネルギーは並みの生物が浴びるとたちまち消滅してしまいます。

ボロス単体で強大な攻撃手段を有し(一撃で星を破壊できるほど)、さらに身体の再生能力も尋常ではないという、普通に考えれば倒すことなど不可能な相手ですが、戦った相手がサイタマだったからダメでした。

地球にやってきたのには理由があり、ボロスが自分と対等に戦える相手がおらず、飢餓感と虚脱感を抱いていたところ、ある占い師から「自分と対等に戦える相手が地球にいる」という予言を聞いたからだとのこと。蓋を開けてみればボロスの惨敗でしたが、ボロスにとって地球に来たのは良かったのか…..?きっと最後にサイタマと戦えて良かったんでしょう。

1位 サイタマ

本作の主人公で、今となっては”全宇宙で最強”となってしまった可能性のある、不動のNo.1ヒーローです。今のところ(奇跡的に)サイタマの活躍はあまり公にはなっておらず、怪人協会の一件後にようやくA級ヒーローへ昇格されました。

戦闘スタイルはややこしい技などを一切使用せず、「殴る」「蹴る」が基本スタイルですが、それが常軌を逸した威力で、敵を本作のタイトル通り「ワンパン」で死へ追いやります。ちょっと強い相手には「マジ殴り」という技を使ったりしますが、天候を変えてしまう程の威力を有します。今のところ、ボロスが「マジ殴り」1っ発分だけ耐えることに成功しています。

防御力や耐久力なども桁外れで、敵から傷をつけられることすらほとんど無く、無傷で完全勝利することがサイタマの基本です。(このようなパワーと耐久力を世間一般でいう「普通のトレーニング」で会得してしまったのが謎である)

ヒーロー活動を行う上ではこれほど有益な能力はありませんが、本人は全ての戦闘が「ワンパン」で終わってしまうことへの虚無感を抱いていて、自身を恐怖させる強敵を望んでいる様子。

というチート主人公が本作の強さランキング第1位です(笑)

ワンパンマンの強さランキング まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、ワンパンマンの登場キャラクターの強さランキングを付けてみました!

まとめると、

1 サイタマ 11 ムカデ長老
2 ボロス 12
閃光のフラッシュ
3 オロチ 13 ギョロギョロ
4 タツマキ(戦慄のタツマキ) 14
カミカゼ(アトミック侍)
5 エビル天然水 15 ハグキ
6 育ち過ぎたポチ 16
バング(シルバーファング)
7 黒い精子/黄金精子 17 ボンブ
8 ホームレス帝 18 ゴウケツ
9 ブサイク大総統 19 駆動騎士
10 ガロウ 20 阿修羅カブト

このようなランキングになりましたね!

やっぱり1位はサイタマですね(笑)これだけは揺らぎません!
サイタマに匹敵する力を有するヴィランは今後登場するのでしょうか?

怪人協会も滅び、人類存続の危機は脱したのでしょうか?シワババさまの「地球がヤバイ!」という予言が気になります!

今後の展開にも目が離せませんね!

 

最後まで読んでいただいて本当にありがとうございました

 

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です