ワンパンマンのネタバレ【163話】S級ヒーローが次々と…。

こんにちは、こーです!

今回は、ワンパンマンの163話の内容についてネタバレと感想の記事になります!

前話では、怪人協会に攫われていたワガンマを救出することに成功しました。

本部はジェノスへの協力を要請します。少し迷ったジェノスでしたが、ヒーロー協会に力を貸すことにしました。

今回のお話は、前回の続きではなく、シーンが切り替わりS級ヒーローたちが続々と現れます。誰にやられたのか、勝機はあるのか、さっそく見ていきましょう。

 

【163話】11月16日<<◆>>【162話】[ [作成中] ]

 

以下、ワンパンマン【163話】のネタバレを含む内容になっております。

 

ワンパンマンのネタバレ163話

ネタバレ【163話-1】プリズナーは誰にやられたのか

プリプリプリズナーが敵に一方的にやられてしまい、回復する時間がないと焦っているところに、S級ヒーローのクロビカリが現れました。

クロビカリはだれにやられたのか、プリズナーに問います。

プリズナーはガロウにやられていました。S級ヒーローのプリズナーが、かすり傷一つもつけられないくらいに、ガロウは強くなっていました。

それを聞いたうえで、クロビカリはガロウを打ち砕きに向かいます。

 

そしてここでシーンが切り替わり、S級ヒーローの童帝にかわります。

 

ネタバレ【163話-2】童帝にも危険が降りかかる!!

S級ヒーローのアトミック侍から連絡が入ってなく、もう一人の子供はまだ保護できていないと睨む童帝ですが、自分の歩いているところから下を向いたときに、三人のヒーローが倒れているのを見つけます。

A級ヒーローのイアイアン・オカマイタチ・ブシドリルを発見できましたが、かなりの重症でした。三人のうちの一人のイアイアンが目をさまし、童帝にまだ近くに敵がいると話しかけます。

 

童帝は間一髪のところで敵の攻撃を避けることができました。

 

童帝はその敵の姿を見て驚愕します。

なぜか、それはまさかの水状の敵だったからです。

 

童帝はその敵を冷静に分析します。解体工事などで使われる水圧カッタに近い攻撃で、触れただけで致命傷になると考えました。

しかし、童帝は焦りません。童帝には対抗手段があったからです。そして、その怪水に向けて急速冷凍ブレスを吹きかけます。

 

自分で体温調節ができない怪水は凍らされてしまいました。

 

ワンパンマンのネタバレ163話 まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、ワンパンマンの163話のネタバレと感想について書かせていただきました。

ガロウがかなり強くなっていますね。クロビカリは勝てるのでしょうか?

童帝が出会った水の怪人も気になります。凍らせただけで勝てるほど甘い相手ではないような気がしますが…。

次回が楽しみですね!読んでいただきありがとうございました。

 

【163話】11月16日<<◆>>【162話】[ [作成中] ]

 

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です