ワンピースのネタバレ【967話】最果ての島への到達

こんにちは、こーです!

今回は、ワンピース(ONE PEACE)の967話の内容についてネタバレと感想の記事になります!

 

前話のラストではおでんがロジャーの船に乗り、空島へ到達したところで終わりました。

本話では、ロジャー海賊団がついにラフテルへ辿り着くまでが描かれています。

 

【968話】来週公開予定!<<◆>>【966話】はこちら

 

以下、ワンピース【967話】のネタバレを含む内容になっております。

ワンピースのネタバレ【967話】

ネタバレ【967話-1】4つのロードポーネグリフ

雲の上の神、ガン・フォールの助けにより無事に下の海に戻ったロジャー海賊団。

造船の町へ向かう一行ですが、船内ではバギーとシャンクスが北極と南極どちらが寒いんのかでけんかしています。

おでんがワノ国には赤いポーネグリフがあると言うとロジャーは早く言え!と怒ります。

ビッグマムから奪ったロードポーネグリフが一枚あり、もう一つにも心当たりがあるというロジャー。

ついにこれで4つ揃うと興奮していました。

現代ではカイドウが一つ所有してるので、ワノ国から無くなっていることからカイドウはワノ国から奪ったのかな。

ウォーターセブンにて船大工トムと再会を果たすロジャー達。

後のフランキーとなるカティ・フライムにおでんは孤児なら船長に口きいてやろうかと話し掛けます。

しかし彼は海賊に捨てられたばかりだとおでんの誘いを断ります。

ロジャー海賊団は海を越え、島を渡り、魚人等を目指します。

途中で聞きなれた歌が… ビンクスの酒を届けにゆくよ♫

そこはテキーラウルフ、おでんは双眼鏡で橋づくりをする者たちを見ていました。

テキーラウルフは橋の上の国でしたね。

天竜人の命令で造られているようですが、その存在理由はまだ不明です。

いずれここの謎も明かされるようになるのかな?

ネタバレ【967話-2】魚人島での予言

おでんにとっては二度目となる魚人島。

島に向かう海の中でロジャーは海王類の声を聞いていました。

レイリーをはじめ船員達には一切聞こえませんが、なんとおでんには聞こえていました!

若き日のネプチューン王が現れ、ロジャーが来たことに驚きます。

「ロジャー、お前らがやるのか!」と悪さするのではと疑いをかけます。

どうやら近々「魚人島の門が何者かに壊される」という予言があったようでした。

ロジャーは否定しますが、結果的にはロジャーが来たことに興奮した海王類が門を壊してしまいます。

デジャヴ!ルフィも「魚人島を滅ぼす」と疑われていましたね。

この予言をしたのは、当時3歳の予言少女シャーリー。

海王類が暴れるのは人魚姫を待っているからだと新たな予言をします。

国王の子供が!と喜ぶ家臣ですが、この時のネプチューン王はまだ結婚すらしていません。

シャーリーは先代国王の死期、オトヒメ率いる政治デモの予言も的中させているというのです。

オトヒメ王妃が政治デモをやっていたとは!

ネプチューン王との恋の馴れ初めも気になる~♡

ネタバレ【967話-3】古代兵器との関係

海の森にて、ネプチューンとおでん達はポーネグリフを読んでいました。

1つはジョイボーイの謝罪文であり、あまり重要ではないというおでん。

空島にあったポーネグリフに兵器のことが記されており、ロジャーはネプチューンにここにあるのではないかと尋ねます。

するとネプチューンはシャーリーの予言に寒気がしたと明かすのです。

数百年に一度海王類と話ができる人魚が生まれる、それが世界を滅ぼす兵器になるのではと予想しました。

ロジャーはシャーリーに人魚がいつ生まれるのか聞くと、彼女は10年後と予言します。

ロジャーの寿命を考えると10年後まで待てないもんなあ。

ちなみに現代では謝罪文のみが魚人島に残されているので、この時のポーネグリフは一体どこに行ったんだろう?

その後も島を渡り「最果ての島」を目指す一行。

ですがワノ国近海に着いた時、トキが突然倒れてしまいます。

ネタバレ【967話-4】国には戻らない

本来のトキの目的地であったワノ国に降りるべきだと船員達はおでんを説得します。

しかしトキはここで止まるべきではない、止まるなら離縁するというのです。

錦えもん達家臣も現れ、おでんに国に帰るよう言いますが、おでんは拒否しました。

彼はワノ国に背を向けたままでしたが、国が豹変してしまったことは理解していました。

ですが今振り返ればもう二度と海には戻れない…。

家臣達にろくでなしと呼ばれながら、おでんはワノ国のポーネグリフをうつした後、航海を続けることに。

この時のおでんはきっとつらかっただろうな…

実はおでんの背後にはオロチが造った武器を製造する工場が立ち並んでいるのです。

もしもこの時振り返っていたら違う結果になっていたのかも。

イヌアラシ、ネコマムシ、トキ達家族はワノ国に降りることに。

この時おでんは4年振りにしてわずか数時間の帰郷となってしまいました。

次の島「ゾウ」へ向かった彼らですが、おでんとロジャーは妙な感じがすると落ち着かない様子。

まるで巨大な何かに見られているようだ、とロジャー。

ルフィやモモの助のように象主(ズニーシャ)の声がきこえているんだろうな!

そしてついに最後のロードポーネグリフを見つけます!

ポーネグリフの上には光月家の家紋が…。

光月家とミンク族が兄弟分だという事を確信し驚きます。

この時のポーネグリフの内容までは明かされませんが、光月家の事も記されていたのかな?

1000年以上歩き続けるズニーシャと光月家の関係性も気になるな~。

ネタバレ【967話-5】ラフテルとは

いくつかのリオポーネグリフと4つのロードポーネグリフを揃えたロジャー達。

とある港町にて一行はそれが指し示す島へと向かう準備をします。

出港はいつにするかという船員達の問いにロジャーは「今すぐだ!」と答えました。

すでにロジャーの死期も迫っている様子…

幸か不幸か、バギーは高熱を出してしまいクロッカスのドクターストップにより「最後の島」への航海を断念。

シャンクスも「いつか自分の船で行く」とバギーの看病のため残ることに。

そして世間ではロジャーが前人未踏の世界一周を果たしたと大騒ぎになっていました。

そして、ロジャーは「海賊王」と呼ばれるようになるのです。

おでんはこの時の事をこう記しています。

最後の島に到達したあの日、世界のすべてを知った日。

空白の100年とは、Dの一族とは、古代兵器とは、ワノ国はかつて世界と接していた。

本当にあった「偉大な宝」を前にロジャーは、

 

笑っていた、と。

 

おでん達も涙が出るほど笑い、ロジャーはジョイボーイと同じ時代に生まれたかったと言います。

とんでもない宝を残した、とんでもない笑い話だ!と笑いが止まらないのです。

そして彼は800年間誰も行きつくことのできなかったこの島に名前を付けました。

ラフテルーLaugh Taleーと。

ワンピースのネタバレ【967話】 まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、ワンピース(ONE PEACE)の967話の内容についてネタバレと感想を書かせていただきました!

 

いやー、ついにきました!着いちゃいました、ラフテルに!!!

なんといっても今回は最後のラフテルの綴りに注目してほしいです。

映画ONE PIECE STAMPEDEにて登場した海賊王の遺した宝に記されていたのもこの文字でした!

Laugh Tale 意味は「笑い話」なのですが、一体どんな壮大な笑い話なのか…

ロジャー達が歌う「ビンクスの酒」の歌の一節にも「果てなし あてなし 笑い話」と出てきます。

この歌もなにか深い意味が隠されているのでしょうか。

しかも島を名付けたのがロジャーだったとは!彼らは一体ここで何を見たのか、いつ明かされるのかな?

今回は一気に読み進めてしまうくらいの神回です。

個人的にはフランキーが幼少期にロジャー海賊団と出会っていたことにびっくり!

フランキーそんなこと何もいってませんでしたからね…

ラフテルに到着し世界のすべてを知ったロジャー達がどうなっていくのか、次号も楽しみです!!

ワンピース(ONE PEACE)第967話のネタバレと感想をお伝えしました。

 

【968話】来週公開予定!<<◆>>【966話】はこちら

 

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です