ワンピースのネタバレ【961話】光月おでん vs “山の神”

こんにちは、こーです!

今回は、ワンピース(ONE PEACE)の961話の内容についてネタバレと感想の記事になります!

前話のラストで、光月おでんが「子猪を俺によこせ」といったところで終わりましたね。

本話では、待ちに待った光月おでんの戦いが初披露されます!

 

【962話】はこちら<<◆>>【960話】はこちら

 

以下、ワンピース【961話】のネタバレを含む内容になっております。]

ワンピースのネタバレ【961話】

ネタバレ【961話-1】”山の神”の伝説

花の都の人によれば、”山の神”の「災害」ともいえるような人里への襲来は過去にもあったそうです。

その時の言い伝えで、「白猪を山の神に返さなければ、山の神の怒りが静まることはない」とのこと。

光月おでんはこの事態の中心にもいると言える錦えもんが抱える白猪を錦えもんから奪い取ろうとしています。

その傍らでは、子供の傳ジローが本物の光月おでんと対面したことに感動している様子。

傳ジローは前から光月おでんのことを知ってたんかな。

そりゃ~光月おでんは有名人みたいですからね。
でも、傳ジローは光月おでんことを”ただ知っている”だけでなく、光月おでんの”偉業”をよく知っているようでした。

山の神は家ごと人間を食らうほど大きく、大きく狂暴な大猪でした。

どうやら、山の神は白猪の”匂い”を嗅ぎつけて花の都を襲来したらしいです。

ネタバレ【961話-2】「お鶴」が!?

白猪の”匂い”は白猪から発せられるだけでなく、その周囲にいた人間の衣服にも付いてしまうようで、山から子猪をさらった男達は真っ先に山の神の餌食になったらしいです。

そして、白猪に接触した「お鶴」も、真っ先に山の神に狙われる対象になったようで、山から白猪をさらった男の1人が言うには、「お鶴」はすでに白猪に食われてしまったらしいです。

それを聞いた錦えもんは、我を失い怒りに任せ山の神に刀一本で立ち向かおうとします。

無謀すぎる…..。

しかし、錦えもんにとって、お鶴はそれだけ大事な人だったんでしょう。
この時点で、錦えもんがお鶴に対して特別な感情を抱いていることがわかりますね。

 

「鶴を返せェ~~~~!!!」

 

勢いよく山の神の顔面に斬りかかる錦えもん。

”山の神”に一太刀浴びせたものの、山の神に吹き飛ばされ錦えもんは意識を失いかけます。

ネタバレ【961話-3】光月おでん vs 山の神

 

「お前の探し物はコイツじゃねェのか猪!!!」

 

錦えもんの戦いの一部始終を間近で見ていた光月おでんは、錦えもんがやられてしまったのを見て、自ら白猪を頭の上に掲げ、山の神を挑発します。

周りの取り巻きからは、

「光月おでん!!呪われた子!!」

「またあいつだったんだ!!」

と云われ、ヤジや罵詈雑言を浴びせられていました。

光月おでんが白猪を抱えているのを見ただけでは、当然この事件の犯人は光月おでんだと周りは錯覚してしまいますね。

山の神は白猪が視界に入るやいなや、光月おでん目掛けて一直線に突進してきます。

それを迎え討つ光月おでんは、

 

「おでん二刀流」

「桃源」

 

という大技で山の神を打ち取りました。

因みに、この時「光月おでん 18歳」だったようです(笑)

ネタバレ【961話-4】”デカい漢”光月おでん

山の神が倒れ、奇跡的に事なきを得た「花の都」。

錦えもんは大声で今回の「山の神事件」の真相、誰が本当の犯人だったかを暴露しようとします。

しかし、錦えもんが喋り出す前に、

 

「じょうもねェことするな!!」

 

と、光月おでんは錦えもんを一発殴り倒し、真相を隠そうとします。

光月おでんは罪を自分で被ろうとしているんですね。

なんて良い人なんだ。

もしかすると、光月おでんのこれまでの荒行は、全て誰かの罪を被ったり、誰かのためにやったことかもしれませんね。

何だか、これまでのルフィのやってきた善行が表に出ていないことと似ているような気がしますよね。

合わせて読みたい

光月おでんお荒行については、下記記事でまとめています。

>>光月おでんのモデルや強さ、愛刀についてご紹介!

そして、本話の冒頭で傳ジローが光月おでんに対して並々ならぬ尊敬の念を抱いていたのも、”荒行”の真相を知っていたからではないでしょうか。

ネタバレ【961話-5】コマ使い-黒炭オロチ

山の神を打ち取った直後、光月おでんは、父「光月スキヤキ」の家臣と見られる人物から「絶縁状」を渡され「花の都」から出ていくように伝えられます。

 

「絶縁上等!!!」

 

”そんなこと大したことではない”という豪傑っぷり。憧れるわ。

また、今回の件で光月おでんにほれ込んだ錦えもんと傳ジロー(傳ジローは前からのようでしたが)は、光月おでんに付き従うことを決意します。

 

光月おでんが向かう先は、兼ねてからの知り合いだった「白舞大名-霜月康イエ」の元です。

 

そしてそこには、、、、。

 

この後、光月おでんと霜月康イエを裏切ることになる「黒炭オロチ」が”コマ使い”として康イエに使役されていたのでした。

MEMO
コマ使い(小間使い)とは、主人に仕える下級武士のことです。
(参考:コトバンク 小間使い

黒炭オロチ、前から思ってたけど圧倒的小物感がプンプンするわ。

ゴマスリさせたら天下一って感じでしたねw

ワンピースのネタバレ【961話】 まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、ワンピース(ONE PEACE)の961話の内容についてネタバレと感想を書かせていただきました!

本話を一言で表すと、「光月おでんかっけ~!」です(笑)

錦えもんや傳ジローが光月おでんがに惚れ込むのも仕方のないことですね。

また、最後にワノ国編の黒幕「黒炭オロチ」の下積み時代の姿が明らかになりました。

コイツこれから汚い手使って裏切るんやろな~。

光月おでんが黒炭オロチとカイドウに勝利する世界線に行きたい….。

ワンピース(ONE PEACE)第961話のネタバレと感想をお伝えしました。

最後まで読んでいただいて、本当にありがとうございました!

 

【962話】はこちら<<◆>>【960話】はこちら

 

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です