>>無料でヒロアカを全話みる

狂死郎の正体は傳ジロー?丑三つ小僧?真の姿を考察!

こんにちは、こーです!

今回は、ワンピース(ONE PEACE)のワノ国編の「居眠り狂死郎」の正体について考察してみたいと思います!

本編では黒炭オロチの”将軍の犬”として仕えている狂死郎ですが、実は”いい人”なのではないかと筆者は考えています。

ここでは、本編で断片的に語られている”狂死郎という人物”の情報をまとめて、それを基に彼の人物像に迫ってみたいと思います。

狂死郎とは

  • 名前  狂死郎
  • 異名  居眠り狂死郎
  • 年齢  不明
  • 出身  不明
  • 身長  不明
  • 所属  黒炭オロチの家臣
  • 職業  両替屋

表の顔は両替屋、裏の顔はワノ国のヤクザのトップです。

例え三下であっても自分の仲間に手を出した相手には容赦しない任侠と、将軍に歯向かった者には女であろうと躊躇なく斬るという厳格さを兼ね備えています。

この性格は居眠り狂死郎のモデルとなったと考えられる人物と似ていますね。

将軍からの信頼も厚く自身を「将軍の犬」と自称しますが、裏ではオロチのことを「小心」と評価していて、真の忠誠を誓っているようには思えない一面があります。

”居眠り”の異名が付いた原因かはわかりませんが、酒が入ると急に居眠りをする特殊な体質の持ち主であるようです。

狂死郎の正体とは

狂死郎はその人物像が本編であまり語られていないので、謎に包まれている部分が多く、ファンの間では様々な憶測が飛び交っています。

その中でも有力とされている2つの説について考えてみたいと思います。

傳ジローである可能性

この説の発端は、

  • 傳ジローのと狂死郎の髪の生え際が似ている
  • 赤鞘九人男の内傳ジローだけ姿を現していない

これらの理由でいわれるようになった説です。

傳ジローが悪役となって将軍に仕えているフリをしているということですね。

しかし、この説には致命的な”矛盾点”があります。それは、

日和が傳ジローの行方を知らない

ということですね。

93巻の第939話で、日和は傳ジローのことについてこのように言っていました。

 

「後は先ほどお話した「河松」と「傳ジロー」「アシュラ童子」です!!!」

「三人ともどこにいるのか、無事なのか……私にも分かりませんが…..」

 

日和は遊郭に身を寄せ、狂死郎と一緒にいる場面も描かれていましたね。

もし仮に狂死郎が傳ジローだったらこういう発言はしないはず…..。

これが狂死郎 ≠ 傳ジローである理由ですね。

丑三つ小僧である可能性

この説も先ほどの「狂死郎=傳ジローの説」と同様に、丑三つ小僧という存在が示されているのに、その姿が一向に描かれないことにより噂されていることですね。

しかし、この説についても否定することができます。それは、

狂死郎のいないところで丑三つ小僧が現れる事件が発生したからです。

93巻の第932話で、オロチが城で開いた宴に狂死郎が参加した際、丑三つ小僧が都に現れたという事件が発生しました。

狂死郎は宴で酒を飲んでいるのに別の場所で丑三つ小僧が出現したってことね….。

これが、狂死郎 ≠ 丑三つ小僧である理由です。

狂死郎は何者なのか?

狂死郎が「傳ジロー」でも「丑三つ小僧」でもないとすれば、狂死郎とは一体どのポジションで動いている人物なのでしょうか。

ここでは、狂死郎の正体と彼の目的について考察してみるよ!

敵?それとも味方?

狂死郎の正体を考える前に、まずは彼が「カイドウーオロチ派閥」なのか、それとも「麦わらー光月派閥」なのか考えてみたいと思います。

ここで重要になってくる事実として、「狂死郎が日和を助けた」という点が挙げられます。

オロチの城で行われた宴で、日和は小紫として招かれました。そして、おトコを殺そうとしたオロチに対して刃向かい、「将軍に刃向かった罪」で狂死郎にその場で切り捨てられました。

しかしその後に、何と日和が生きてゾロの前に現れました。

このことから分かるのは、狂死郎はあの場で日和を断罪したしたと思わせて、オロチの気を静めるために斬ったということです。

実は日和を助ける行為やったんやな!

このことから、狂死郎は少なくとも”日和(小紫)に対しては味方”であると考えられますよね。

また、日和は小紫として都の悪人から金を巻き上げていて、狂死郎もそれに加担していたので、狂死郎が味方であるという説がより有力であると考えられますね!

 

でも、狂死郎が善人だとわかったとしても、「麦わらー光月派閥」なのかどうかは疑問が残ります。

日和と一緒に居たんやからそうじゃないの?

いいえ、狂死郎はあくまで”小紫としての日和”と付き合っていたという線も外せません。

つまり、狂死郎は日和が光月家の人間であると知らずに行動を共にしていただけで、「麦わらー光月派閥」には属していないということですね。

そして、僕自身はこの可能性が高いんじゃないかと考えています。

何故なら、狂死郎が日和(小紫)を斬った時に日和が持っていた「判じ絵」を入手した際、狂死郎が何の行動も起こさなかったからです。

確かに、あの判じ絵を見れば光月に所縁のある人なら赤鞘九人男とコンタクトを取ったりするはずじゃ。

でも、狂死郎はあの判じ絵を見ても”静観”するに留まり”、実際に何かアクションを起こすことはしませんでした。

結局、何者?

善人であるにも関わらず、「麦わらー光月派閥」でないとすれば、狂死郎は一体どの立場の人間なのでしょうか。

これは僕の推測ですが、狂死郎はオロチやカイドウを倒そうとする「第三の派閥」の人間なのではないかと考えています。

つまり、ルフィや光月家以外にもオロチやカイドウを潰そうとする組織があるということですね。

そして、その「第三の派閥」とは光月トキが狂死郎に命じて作らせた組織ではないかと考えています。

 

日和は、小紫として都の悪党から金を巻き上げまくっていましたね。

日和自身はその金を「全部使っちまったよ」と言っていましたが、本当にそうなのでしょうか。

オロチに対抗する組織運営のための軍資金にしてるかもな。

そして、その組織のトップこそ狂死郎その人であると思います。

したがって狂死郎の正体は、

ルフィや光月家以外にオロチやカイドウを倒そうと目論む、「第三の組織」を率いる人物

であると考察します。

狂死郎の正体は傳ジロー?丑三つ小僧?真の姿を考察! まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、ワンピース(ONE PEACE)のワノ国編の「居眠り狂死郎」の正体について、これまで噂されてきたものと少し異なる考察をさせていただきました。

最終的には僕個人の私見を多分に含む結論となってしまいましたが、こういった可能性も無きにしもあらずなんじゃないかなと思いますね。

第954話でローの牢からの脱獄を見逃したのは、もしかすると狂死郎かもしれませんね^^

「ルフィー光月派閥」との共闘も見れるかもね。

その可能性も大いにありますね!狂死郎ってゾロでも苦戦するほどの実力者ですから味方に付いてくれたら百人力ですね!

以上、狂死郎の正体についての考察でした。

最後までご覧いただいて本当にありがとうございました!

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です