コウシロウの正体はワノ国の血を引く霜月家!?

こんにちは、こーです!

今回は、ワンピース(ONE PEACE)のゾロの師範代である”コウシロウ”の正体やワノ国の関係性について考察してみたいと思います!

ゾロの剣術の師匠でもある”コウシロウ”ですが、ワノ国編ではコウシロウがワノ国に関係ありそうな伏線が数多く見つかっています!

伏線について1つ1つご紹介しながら、コウシロウとワノ国の関係について紐解いていきたいと思います。

ワンピースのコウシロウとは

  • 出身   東の海
  • 年齢   51歳
  • その他  「一心道場」師範代

コウシロウとは、”東の海”の「シモツキ村」という村で「一心道場」という剣道道場の師範代を務める人物です。

ゾロも「一心道場」の元門下生で、コウシロウから剣術を習っていました。

見た目はオールバックに眼鏡で性格は非常に温和。

アラバスタ編でゾロ vs Mr.1が戦った際に、ゾロがMr.1を打ち破るきっかけになる名言を残しています。

「最強の剣とは守りたいものを守り、斬りたいものを斬る力。触れるものみな傷つけるような剣は私は剣だとは思わない」

 

また、「くいな」という娘が1人いましたが、10年前に事故で亡くしています。

練習試合ではゾロはコウシロウに勝ったといっていましたが、おそらくコウシロウはわざと負けたんだと思います。

本気で戦ったらめっちゃ強いとか、胸熱!

ワンピースのコウシロウの正体について考察!

では、コウシロウのす住む「シモツキ村」から遠く離れたワノ国とコウシロウにどのような関連性があるのか考えてみましょう。

コウシロウの教えがワノ国とそっくり

まだゾロがシモツキ村で剣術を習っていた頃、コウシロウはゾロに次のように説きます。

『いいかい、世の中にはね、何も斬らない事ができる剣士がいるんだ。だけどその剣士は鉄だって切れる。同じ力でね…..。

この時は”どうやったら鉄が斬れるのか”については具体的な説明がありませんでした。

 

そして、長い年月を経てワノ国編に入り、”ヒョウじい”がこのコウシロウの教えとそっくりのことをルフィに説くシーンがありました。

『良い刀は斬りたいときに鉄をも斬り、斬りたくない時は紙すら斬れぬ!それは剣士の心一つ!!」

 

すでに「覇気」による刀の強化ができることがわかっていますので、ヒョウじいのこの教えは「刀に覇気を纏わせる」ことだと理解できます。

コウシロウの教えの元になっているのは、ワノ国の剣術の教えである可能性が非常に高いですね。

『霜月コウ三郎』がワノ国を出国!

ワンピースの第955話で判明したことですが、「50年以上前に”霜月コウ三郎”という人物がワノ国を違法出国」していたことが明らかになりました。

また、92巻の”SBS”ではワノ国の船が”東の海”へ到達していたことも明らかになりました。

「何十年か前にワノ国の船が”東の海”に到達したという事実があるようなのです。」(引用元:ONE PEACE 92巻 SBS)

 

筆者は、SBSで語られている”ワノ国の船”というのが霜月コウ三郎が乗った舟ではないかと考えています。

 

そして、「霜月コウ三郎」という名前にも意味があると考えています。

苗字をよく見ると、

霜月 → シモツキ → シモツキ村

となったと考えられます。

シモツキ村は霜月コウ三郎が開いた村だから、その人の名前を付けたと考えてみるのはどうでしょうか。

また、コウシロウを漢字で書いてみると、

コウ四郎

書くことができますよね。

筆者は、コウシロウの親は霜月コウ三郎で、コウシロウという名前は三郎の子供だからコウ”シロウ”(四郎)と付けたんじゃないかと考えています。

つまり、コウシロウはワノ国の子孫であるということですね。

「スナッチ」という掛け声

ワノ国編で、モモの助がゾロから「スナッチ」という”心を奮い立たせるおまじない”を教わったといっていたシーンがありましたよね。

実はこの「スナッチ」という掛け声は、昔にワノ国で使われていたらしいんです。

 

「スナッチ」は正確には「捨名知」と書いて、その意味は、

『名前も知恵も捨てて頭を空にすれば、怖いものは無い』

ということらしいです。

アシュラ童子によると「捨名知」という掛け声を使っていたのは約50年前、まだ赤鞘九人男が子供だった頃のようです。

 

じゃあ、なんでゾロがこの掛け声を知ってたん?

やはり、ゾロの師であるコウシロウが教えた可能性が高い気がします。

コウシロウも「スナッチ」を父親であるコウ三郎から教わり、その教えを門下生に説いていたと考えると筋が通ります。

コウシロウの正体はワノ国の血を引く霜月家!? まとめ

以上のことから、コウシロウは霜月コウ三郎の子供で、ワノ国の血を引く人物であると考えられます。

連載初期に出てきたキャラの伏線が今になって回収されるとか、やっぱりONE PEACEは奥が深いです!

ただ、1つ気になるのはコウシロウのビブルカードでの出身地は「東の海」となっていた点です。

何で「東の海 シモツキ村」じゃないの?

考えられる可能性としては、「コウシロウが産まれた時にはまだシモツキ村が存在しなかった」ということですね~。

 

また、ゾロもコウシロウと同じ所の出身なので、「ゾロの先祖はワノ国にいた!」なんて展開も無いことはないと思います。

ゾロの親の情報とかがワノ国編で分かると面白いかもしれませんね!

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です