日常系アニメはつまらない?嫌いなどの評判はマジ?魅力は無いの?

こんにちは、こーです!
今回は、「日常系アニメがつまらない」という評判を目にしたので、その評判が本当なのかどうか調査してみました。

「日常系アニメ」というジャンルが増え始めてきたのは、たぶん2000年代初頭からでしょうか。現時点では累計作品数もかなりの数になっており、「日常系アニメ全盛期」がまさに今ではないかと思います。

オススメの日常系アニメはこちら

近年では春・夏・秋・冬それぞれで放送されるアニメの本数は40作品くらいですが、その中でも日常系アニメが占める割合が多くなってきたように感じます。

しかし、日常系アニメの作品数が増えるのと同時に、「つまらない」とか「嫌い」といった批判的な口コミや評判目立つようになってきたような気がします。

個人的には日常系アニメ大好きなので、非常に悲しいのですが、このような評価が増えてきているのは事実のようです。

本記事では….

  • 日常系アニメがつまらないと言われている理由は?
  • 日常系アニメの魅力って何?

これらについてまとめてみました。

日常系アニメがつまらない・嫌いという口コミや評判は本当?

  • 日常系アニメはつまらない

日常系アニメ対する視聴者のこういった評価があるのは本当のようです。

上記はYahoo知恵袋の質問一覧のスクリーンショットなのですが、わざわざ「日常系アニメってつまらなくないですか?何で流行ってるのかわからない」と質問する人がいるほどです。

できればそういった気持ちは自分の中だけで留めて置いて欲しいよ….日常系アニメ大好物おじさんとしては本当に悲しいです…..。

また、Twitter上でも….

口コミを調べるためにTwitter上で「日常系アニメ」と打ち込んで検索してみたら、やっぱり上記のように呟いている方がいました….。代表して4つのツイートを載せてみましたが、他にも同じような口コミがちらほらと見られましたね。

実はこのような評価はずっと以前からありましてな、アニメだけに限らず日常系のマンガや萌要素が多めの4コママンガにおいても同様の批判的な意見がありました。

では、なぜこのような評価を口にする人が多いのでしょうか。

日常系アニメがつまらないと感じるのはなぜ?

日常系のアニメやマンガに対する批判的な意見は発生するのはなぜなのでしょうか。批判している人の意見の傾向を読み取ってみると、

  • 中身が無い
  • 内容が薄い

この2つが多いように感じました。

さらに深掘りして考えていきます。そもそも、批判している人がいう「中身(内容)」とは何なのでしょうか?批判の中身というか、本質を知るためにまずは「中身(内容)」についての定義づけからしなければならないでしょう。

「このアニメは中身が詰まっていて面白い」とか「内容がしっかりしている」などなど、「中身・内容」といった言葉を使えば簡単に作品を評価できるような気になりますが、しかしこれでは具体的に何を言っているのかはっきりしません。

ここからは推測の域になりますが、「中身・内容」とは「起承転結」とか「ストーリーの起伏」といった言葉に言い換えることができるのではないでしょうか。

あと他に考えられるとしたら、ギャグ要素が多い作品だったら「ネタの面白さ」とかでしょうか。

つまり、「中身(内容)が無い(薄い)」という批判は、「ストーリーの起伏無い」「作品のテーマが希薄」とか「作中のギャグやネタがつまらない」と言い換えることができるということです。

日常系アニメに関しては、そもそも「起承転結」や「ストーリーの起伏」が無いというのが大前提として受け入れられるべきですが、あえて日常系の「中身・内容」とは何かを考えてみると、「作品のテーマや演出」「キャラクターの個性や萌え要素」といったところでしょうか。

詰まるところ、「日常系アニメがつまらない」と感じたり、辛口評価をしている人の心情としては、「ただ漫然と、のっぺりした退屈な日常と、美少女を描いているだけで、エンターテイメント要素が足りない、ネタがつまらない」ということだと考えられます。

でも、近年の日常系マンガ・ラノベのアニメ化数は昔と比較するとかなり多いです。

本当に日常系アニメが面白くないのであれば、それは視聴率・円盤の売り上げに直接影響し、”日常系”というジャンルは淘汰されていたはずです。

日常系アニメがつまらないという評価がある一方で、アニメ化の本数が増えているのはなぜなのでしょうか。

日常系アニメの魅力は?実は”中身”がある

数ある日常系アニメを視聴してきましたが、残念なことに「面白くない」日常系アニメがあることは事実です。

しかし、「面白くない日常系アニメがある」=「日常系アニメはつまらない」は成立しないよということを声を大にして言いたいんです。

どのジャンルのアニメでもヒット作とそうでないものは必ずあることは理解できますよね。

日常系アニメに関しては、個人的な感想として「面白い」ものと「面白くない」ものとの間に大きな差があると感じます。その差の大きな要因になっているのが、作品毎の”中身”の性質です。

日常系アニメには実は”中身”があるのですが、その”中身”がそれぞれの作品によって異なるのが大きな特徴です。要は数種類のパラメーターがあると考えてみれば分かりやすいでしょう。

中身の種類としては、

  • 尖ったネタやパロディ重視
  • ギャグ要素多め
  • 百合要素多め
  • 恋愛要素多め
  • キャラクターの個性が際立っている
  • テーマや舞台設定が秀逸
  • 本当に”日常”要素のみ
  • etc….

などが挙げられるでしょう。また、これらの性質が受け入れられるかどうかは、突き詰めていくと、最終的に「人によって異なる」という結論に収束するということは理解できるでしょうか。

僕の例を使って分かりやすくしましょうか。

まず、これまでに僕が見てきた中で特に面白いな~と感じた作品を一度列挙してみましょう。

俺的好きな日常アニメ
  • らき☆すた
  • 日常
  • 男子高校生の日常
  • のんのんびより
  • 兄に付ける薬はない
  • WORKING!!

次に、上記に挙げたアニメの”中身”の性質をそれぞれ考えてみると….

  • らき☆すた:ネタやパロディ多め
  • 日常:ギャグ要素多め
  • 男子高校生の日常:もはやギャグ要素しかない
  • のんのんびより:田舎暮らしという舞台設定が秀逸
  • 兄に付ける薬はない:ギャグ要素多め
  • WORKING!!:ギャグ要素多め

というように設定できませんかね?

のんのんびよりだけ性質が異なりますが、これは僕自身が田舎暮らしに憧れているのがハマった要因ですね。

傾向を読み取ると、僕は日常系アニメに”日常的な要素”を求めているのではなく、ギャグやパロディなどの”笑える要素”を求めていたり、”非日常的要素”を求めていると言えます。

日常系アニメが好きというよりギャグアニメが好きなのかも….w
新しい発見でした。

特に、「らき☆すた」に関してはストーリーは女子高生の日常をまったり描いたもので、ストーリーの起伏なんてものは皆無ですが、5回以上視聴してもまだ飽きません。なぜなのか、自問自答してみましたが、やはりギャグやパロディが秀逸すぎるという結論に至りました。

逆に、最近流行った「きんいろモザイク」や「ひなこノート」「ご注文はうさぎですか?」「ゆゆ式」などはピンときませんでしたね。

これらは「キャラクターの個性重視」「本当に”日常”要素のみ」の要素が強いように感じられました。僕が求めている”中身”とは異なるということでしょう。

このように、日常系アニメは”中身”の性質によってギャグアニメにもなるし、恋愛アニメにもなるし、美少女アニメにも化けることができます。が、人によって求めているものが異なる故に好き嫌いが発生しやすいジャンルであると言えます。もはや”日常系”という言葉に縛られない方が良いかもしれませんね。

アクション物や恋愛要素がメインのアニメは、すでにそのアニメが持っているテーマがはっきりしているので、観る前にどんな作品か何となくイメージできますよね。だから視聴前の予想と実際に観た時の実感にあまり差が無い。

しかし、千変万化の日常系アニメは実際に観てみないと自分が求めているものかどうかがわからない。テーマがぼやけているが故に観る前の期待を裏切られることがある。というのが、「つまらない」という評価が出ている1つの要因ではないかと思います。

色々語ってきましたが、この項で言いたいのは、

  • 日常アニメにはちゃんと”中身”があるよ!

ということと、

  • 日常系アニメは”中身”の性質によって化けるから、食わず嫌いは勿体無いよ!

この2点です。日常アニメはテーマがぼやけていて当たりはずれがありますが、自分好みの作品を引き当てることができればめっちゃハマるところが魅力ですね。宝くじを買う感覚ですかね(笑)

日常系アニメはつまらない?嫌いなどの評判はマジ?魅力について まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、日常系アニメの口コミや評判で「つまらない」という声が見られたので、そう言われている原因についてと、日常系アニメの魅力について考えてみました。

本記事の内容をまとめると、

日常系アニメが”つまらない”噂の真相
  • 辛口評価の理由は、「ストーリー性の無さ」や「ネタのつまらなさ」が原因か
  • 日常系アニメは視聴前と観た時の実感に齟齬が生じやすいことが悪評が出やすい1つの理由
  • 自分好みの作品を引き当てるとハマる!

といったところでしょうか。

本記事を書くために、日常系アニメの性質や魅力について改めて考えてみましたが、結構奥が深いですね!

ぜひ、自分好みの日常系アニメを見つけてみてください。参考までに、日常系アニメのおすすめランキングも覗いていってくださいね^^

最後まで読んでいただいて、本当にありがとうございました。

 

スポンサードリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です