七つの大罪ネタバレ335話 魔女の目的

こんにちは、こーです!

今回は、七つの大罪の335話の内容についてネタバレと感想の記事になります!

前話で、 平和が訪れたはずのブリタニアに、混沌の時代という新たな戦いが始まる事がわかります。

今回のお話は、 ついにアーサーが復活し、マーリンの目的がわかります。



【336話】来週公開予定!<<◆>>【334話】はこちら

 

七つの大罪ネタバレ【335話】

ネタバレ【335話-1】傷と目的

 

リオネス王国では、聖戦を終え宴会をしています。

兵士達はどうしてもマーリンの顔の傷が気になります。

燃え尽きるエスカノールと口づけをしたマーリンの顔には、火傷の傷跡がくっきり残っています。

エリザベスはマーリンに魔法で傷を治すことが出来ると言うと、マーリンが「醜いか」と聞きます。

すると、エリザベスは美しく見えると言い、近くにいたディアンヌはカッコいい、キングは尊いものに見えると言い、みんなでマーリンの肯定します。

 

一緒に戦った七つの大罪達のマーリンへの友情が伝わり、目頭が熱くなりますね!

ディアンヌは魔人王を倒したことで、七つの大罪それぞれの目的は果たせたことと、自身がキングからプロポーズされたことを喜んでいます。

しかしマーリンの目的が何なのか、ディアンヌ、キング、バン、ゴウセルは知りませんでした。

するとマーリンが「そうか。確かにお前たちには知る権利があろう。見届ける義務もな」と、真剣な表情で言います。

そして、マーリンは指をパチンと鳴らすと、七つの大罪とエリザベスを別空間に移動させます。

 

ついにマーリンの目的が明らかになります。

アーサーが関係していることはマイ違いなさそうですが、その真剣な表情には何が隠されているのかドキドキします!

ネタバレ【335話⁻2】アーサーの目醒め

移動させた場所は、先ほどまで魔人王と戦っていたソールズベリーの湖で、なせかそこにはホークママもいました。

マーリンは空に浮かんだまま一言「アーサーを目醒めさせる」と言います。

 

アーサーの復活でついに謎が解けるのか!?

でも「目覚め」じゃなくて「目醒め」と言っています・・・一体どうなるんでしょうか?

マーリンは、魔法で豚の帽子亭からアーサーを呼びます。

アーサーは先の戦いでエクスカリバーを身体に貫かれたまま、死んでいました。

マーリンを除く七つの大罪とエリザベスは地上でその様子を見ていたところ、ホークが泣きながら飛んできました。

ホォークゥゥ!七つの大罪の癒しキャラが戻ってきたぁー!

ホールは母が魔人王を倒した後も、あの湖の元から離れないと言いました。

ネタバレ【335話-3】混沌の王

マーリンが湖に問いかけると、湖から「いよいよ出迎える刻が来たんだね。君の、そして我らの主を」と、何者かの声が聞こえます。

さらにマーリンが問いかけると、湖から大きな光がアーサーを包みます。アーサーの身体から剣はなくなり、アーサーが動き出します。

ディアンヌはアーサーの復活を喜んでいますが、メリオダスだけが厳しい表情のまま見つめています。

復活したアーサーですが、様子がおかしいです。

アーサーはその場で胸を抑え、うずくまるように身をかがめ、苦しそうな表情です。

マーリンはその様子を見ながら、冷静にこう言います。

「人間は、善と悪があり矛盾を孕む存在で、矛盾とは混沌、そして混沌の巫女に選ばれた人間が、混沌の王となる」

その瞬間、アーサーの右目は黒く塗りつぶされ、まるで赤色の魔人の目のようになりました。

アーサーが混沌の王となるとは一体どういうことなんでしょうか?

マーリンは味方なのか敵なのか、そして混沌の時代とは・・・次回が益々気になります!

七つの大罪のネタバレ【335話】まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、七つの大罪の335話のネタバレと感想について書かせていただきました。

ついにアーサーが復活し、マーリンがアーサーに執着していた理由が明らかになりましたね。

新たな戦いはアーサーとマーリンは敵なのか味方なのか、混沌の時代の戦いが楽しみですね!

 

【336話】来週公開予定!<<◆>>【334話】はこちら

 

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です