>>無料でヒロアカを全話みる

七つの大罪ネタバレ333話 さらば傲慢の罪

こんにちは、こーです!

今回は、七つの大罪の333話の内容についてネタバレと感想の記事になります!

前話で、戒禁を消滅させ、メリオダスとゼルドリスが和解し、平和を取り戻しました。

今回のお話は、限界を超えてしまったエスカノールと別れの回です。

 

【334話】はこちら<<◆>>【332話】はこちら

 

以下、七つの大罪【333話】のネタバレを含む内容になっております。

 

七つの大罪のネタバレ【333話】

ネタバレ【333話-1】平和の代償

戒禁を消滅させ、長きに渡る聖戦を集結させた七つの大罪達は、なぜか浮かない表情をして遠くを見ています。

 

「さぁみなさんも。みんなが待ってます。」

 

エスカノールは全てを覚悟した表情で話します。

エスカノールを除く七つの大罪達とエリザベス、マエルは悲しい顔でエスカノールを見ます。

エスカノールの身体は静かに燃えています。

魔神王との戦いで、命を燃やして、ザ・ワン(天上天下唯我独尊)を使った代償が来てしまいました。

あれだけ傲慢だったエスカノールが最後を覚悟する姿は胸に来るものがありますね。

マエルから太陽の恩寵を借りた代償が来てしまいました。

 

ネタバレ【333話-2】エスカノール別れの言葉

覚悟を決めたエスカノールは一人一人に別れの言葉を伝えます。

その中でもエスカノールはメリオダスに「生涯の恩人、無二の友」と表現しています。

これは七つの大罪外伝のエスカノールがメリオダスとマーリンと出会った頃の話からですね。

エスカノールは元々タリム王国の王子であったが、ある時太陽の恩寵がその魔力に宿り理強大な力を持ったため、国中恐れられていました。

侍女のローザと亡命し、ローザが亡くなった後も放浪していたところをメリオダスとマーリンに出会い七つの大罪に誘われます。

昼の魔力を抑えてくれて、しかも普通に接してくれるメリオダスは、エスカノールにとって孤独から救ってくれました。

メリオダスがエスタロッサに殺されて、生き返った時も本当に心配していたエスカノールを思い出しました。

 

エスカノールは続けて、マーリンに愛の告白をします。

 

ドキドキするというよりも切ない気持ちが伝わってきます。

 

それを聞いたマーリンは「遅い・・・」と腕組みしながら答えます。

えっ、マーリンもエスカノールが好きだったのか、そんな素振りはなかったけど、どういうことですか?

ネタバレ【333話-3】マーリンの口づけ

「エスカノール・・・もっと早く私を見つけてほしかった。出来れば三千年前にな・・・」

三千年前とはどういうことでしょうか。
マーリンはアーサーに恋慕しているかもしれないと思っていましたが、やはりメリオダスのことが好きだったということでしょうか。

エスカノールはその隠れた想いに気づいていたことをマーリンに伝えます。

 

……..。

 

そろそろ別れの時がやってきました。

 

エスカノールの身体は崩れ始め、身体を纏う炎も強くなっていきます。

 

その時、マーリンはエスカノールに近づき、キスをします。

おぉー!おぉ・・・。おぉー!!
すみません、感情の整理が追いつきませんでした。

 

エスカノールはあっけに取られています。

 

キスしたマーリンの顔には、エスカノールを纏う炎で火傷のように傷が出来ていますが、構わずエスカノールに言います

「お前の想いには応えてやることができなかったが、お前が生きた証を・・・私を愛してくれたただ一人の男の印を・・・この身に焼き付けよう」

「マァーリィーン!!」思わず叫んでしまいました!
エスカノールに最大限の敬意と感謝を表したマーリン、カッコ良すぎますね。

エスカノールは涙ながらに、最後のポエムをマーリンに伝えながら、灰になって天に向かいます。

メリオダスは一言、「ゆっくり眠れエスカノール」と言います。

平和の代償は大きく、傲慢の罪がいなくなり寂しくなりますね。

七つの大罪のネタバレ【333話】 まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、七つの大罪の333話のネタバレと感想について書かせていただきました。

エスカノールの想いとマーリンの想いが痛いほどよくわかる別れの回でした。

平和の代償デカいが、エスカノールのことは忘れねぇ….。

 

【334話】はこちら<<◆>>【332話】はこちら

 

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です