七つの大罪ネタバレ329話 ゼルドリスvs魔神王 in 精神世界

こんにちは、こーです!

今回は、七つの大罪の329話の内容についてネタバレと感想の記事になります!

前話で、エスカノールが魔神王の一騎打ちで、自分の命を捨て能力の限界を超えて戦うエスカノールにしびれた読者も多かったでしょう。

今回のお話は、魔神王に身体を乗っ取られたゼルドリスが、精神世界で魔神王と戦います。

 

【330話】はこちら<<◆>>【328話】[ [ 作成中 ] ]

 

以下、七つの大罪【329話】のネタバレを含む内容になっております。

 

七つの大罪のネタバレ【329話】

ネタバレ【329話-1】

「今さらこんな幻覚が通じると思ったか!」

ゼルドリスはそう言ってメリオダスを切り捨てます。

そのメリオダスは魔神王が作り出した幻影です。

魔神王は、ゼルドリスにメリオダスへの疑いをかけ、自分の味方につくように幻影を作り出します。

かつてのゼルドリスだったら、その幻影に揺さぶられていました。

 

しかし今は違います。

 

「あなたがどれだけ嘘を並べたとしても、メリオダスの本心は充分に知れた」

とゼルドリスは言います。

メリオダスを心から信頼しているゼルドリス、カッコいいです!

ネタバレ【329話-2】

「貴様ごときにこの魔神王が遅れをとるか」

魔神王がそう言い、ゼルドリスに攻撃を仕掛けます。

ゼルドリスは自分の実力が魔神王やメリオダスに足らないことを理解していました。

しかし、「ここは精神世界だ」と言って、魔神王に一撃を与えます。

精神の強さで強くなれることをゼルドリスは知っています。

それはメリオダスに護らなければいけないエリザベスや仲間がいるから強くなったように、自分にも恋人のメルダを護るため強くなれるからです。

かつての敵だったゼルドリスがこんなことを言うなんて、出てきた当初は信じられませんね。

 

ゼルドリスと魔神王の戦いはより激しくなります。

さらに魔神王の額に一撃を与えるゼルドリスは、魔神王にこ言います。

 

「あなたには理解できまい。誰かを愛し愛される喜びが、強大な力を生み出すということ」

 

今回のお話で個人的に一番カッコいいシーンです!

ネタバレ【329話-3】

絶対的な強さを誇る魔神王が徐々に追い詰めるゼルドリスはさらにこう続けて言います。

「大敗北を喫したメリオダスに、再び魔神王たる自分が負けようとしているのだからな」

魔神王はゼルドリスのその言葉に明らかに動揺していきます。

現実世界の様子が分からないはずのゼルドリスに魔神王はさらに怒りながら、大剣を振り下ろします。

 

しかしゼルドリスは冷静に攻撃をかわして、一言言います。

 

「わかるさ。俺は兄者を信じているからな」

この台詞で魔神王はタジタジになってしまいます。

ゼルドリスはメリオダス達が魔神王を追い詰めていることを信じて疑わない強さがあります。

ネタバレ【329話-4】

「言ったはずだ、あなたを倒すと」

ゼルドリスはそう言って、凶星雲(オミノスレピュラ)を放ち、魔神王は大爆発します

その攻撃をくらい、現実世界でゼルドリスの身体を乗っ取っている魔神王は突然口から血を吐きます。

 

「がぁぐぐがあああぁ!」

 

そう叫びながら、ゼルドリスの身体から魔神王が離れていきます。

ゼルドリスが精神世界で魔神王を倒した瞬間でした。

 

七つの大罪のネタバレ【329話】 まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、七つの大罪の329話のネタバレと感想について書かせていただきました。

ゼルドリスと魔神王の戦いでゼルドリスの成長が見えたカッコいい回でした。

現実世界で戦う七つの大罪と魔神王の戦いがますます楽しみですね!

 

【330話】はこちら<<◆>>【328話】[ [ 作成中 ] ]

 

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です