ヒロアカのネタバレ最新話確定速報277話!誰の意志で誰の体か

こんにちわ、こーです!

今回は、僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)277話のネタバレと感想の記事になります!

前回は、相澤先生をデクが守ったところで終わっていました。

今回は、デクやヒーロー達が死柄木を食い止めようと奮闘する姿が描かれます。

 

【278話】はこちら<<◆>>【276話】はこちら

 

以下、僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)277話のネタバレを含む内容となっております。

ヒロアカネタバレ最新話277話速報

先生を失いたくない

デクは死柄木を食い止めるべく、OFAの個性を発動させました。

頭と頭でぶつかり合う死柄木とデク。

”最悪を考えろ”と言ったグラントリノとイレイザーヘッドは突然のデクの登場に驚きます。

「何で!」

その言葉にデクは、死柄木が個性を使えないのなら自分達も戦力になると答えます。

死柄木が呼び寄せたニア・ハイエンドのせいでヒーロー達は死柄木の元に集まれない。

死柄木への戦力が足りないせいで個性を解かれ、また崩壊を起こされたら危険なことを察知していたのです。

「”最悪”は先生を失う事!!」

ずっと守ってきてくれた先生を失う事です、とデクは声を張り上げました。

デクの言葉にイレイザーヘッドは昔デクにかけた言葉を思い出していました。

「緑谷出久、おまえの力じゃ”ヒーロー”にはなれないよ。」

イレイザーヘッドの目はマニュアルの個性だけではない潤いがあるように見えます。

生徒の成長に感動しているんだろうなあ!!

デクを守れ

「合理的に行こうぜ!」

そう言った爆豪は死柄木の頭上から”A・P・マシンガン”で攻撃をします。

しかし死柄木は花火でもしてんのか、と全く効いていない様子。

黒鞭で死柄木を抑えていたデクは、死柄木の急な加速に引っ張られます。

一気に爆豪との距離を詰めた死柄木は爆豪に向かって一言。

「ごめん。もう君に興味ないんだわ。」

そう言った瞬間、死柄木の攻撃を防ぐようにエンデヴァーが2人の間に割り込み攻撃をしました。

ものすごい勢いで吹き飛ばされた死柄木。

エンデヴァーはデク達にショートは?と問いました。

デクが2人だけだと伝えると、エンデヴァーは遠くで避難しているヒーロー達を一瞬見つめます。

ここでもやっぱり息子大好き。(笑)

すぐに死柄木へ視線を戻すと、死柄木にはほぼ攻撃が効いておらずすぐに起き上がろうとしていました。

「あと一手ってとこなんだけどな…よし。」

そう言いながら立ち上がった死柄木は何か攻撃を考えているようでした。

並み外れた身体能力を持ち、オールマイト並のパワーをタフネスを持った死柄木。

そう説明されたデクは”オール…マイト…”と驚いた様子。

「目を閉じない限りはその”力”だけです。なるべく長く保たせます。」

イレイザーヘッドはそう言い、かつこちらに近付けさせないようにと念を押します。

死柄木はデクを攫ってこの場から去ろうと画策していました。

エンデヴァーはデクと爆豪に来てしまったものはしょうがない、”何故か”は今問わぬと声を掛けます。

「イレイザーをサポートしろ!バクゴー!!デクを守れ!!」

誰の意志で誰の体か

死柄木は再び頭痛に襲われます。

その脳裏にはワン・フォー・オールを手に入れろ、と声が…。

そして洗脳されるかのように次いで出た言葉。

「俺のものになれ、弟よ。」

思わず口に出た言葉に、死柄木もデクも”?”と不思議に思います。

AFOの意志が強すぎるんでしょうか…?

その瞬間を狙いエンデヴァーが”ヘルスパイダー”で攻撃をしました。

死柄木は攻撃をよけながら懸命に考えます。

弟?違う、俺は喋っていない、と。

AFOの我が強すぎる、幻聴にそそのかされているわけじゃないと振り切ります。

「俺の力だ。俺の体だ。」

悪の支配者と呼ばれたAFOも最後はオールマイトというたった一人の力にねじ伏せられた。

死柄木は今まで育ててくれたことに感謝していると思いながらも、AFOのようにはなりたくないと思っていました。

AFO以上になりたいと強く思っていたのです。

「だから黙ってろよ。俺の意志なんだよ。」

デクには近付けさせない

グラントリノは横から死柄木に攻撃を仕掛けました。

当たれば致命だ、逸らすに限るといった彼は死柄木のパワーを理解しているようでした。

「これ以上、志村の思いを踏みにじるな!」

グラントリノは死柄木にそう言いますが、死柄木は誰だよ、と興味もない様子でした。

「おまえの存在は俊典を…皆を苦しめる!!」

グラントリノの頭にはオールマイトの姿が浮かんでいました。

死柄木はグラントリノとエンデヴァーの攻撃を瞬時にかわし、デクを狙おうとします。

しかし頭上には爆豪の姿!!

「興味ないにも程があるぜ、ガンギマリ野郎!!そいつぁ餌だ!!!」

以前オールマイトが言っていた言葉を思い出します。

「私の目指した象徴を君もなぞる事はない。」

爆豪は死柄木に銃口を向けものすごい爆撃を仕掛けます。

さらに追い打ちをかけるようにエンデヴァーが”バニシングフィスト”で死柄木に渾身の一撃を加えました。

ギガントマキアを抑えろ!

一方そのころ、山荘でもヒーロー達が奮闘していました。

絶対に押し負けるな!と周りの声を一身に受けるのは、Mt.レディ!

そして彼女が必死の形相で抑えていたのはなんとギガントマキア!!

死柄木の元へ向かおうとするギガントマキアを巨大化したMt.レディが抑えていたのです。

「言われなくても、行かせませんよ!」

そしてギガントマキアの背には荼毘やトガちゃん、幹部たちの姿も。

山荘での闘いも局面を迎えていたのです…!

ここまでが277話のネタバレになります! ここからは、最新話公開前に書いた277話の展開予想の内容ですが、一応残しておきます 。

ヒロアカネタバレ最新話277話確定予想

死柄木とどう戦う?

前回イレイザーヘッドにより個性を抹消された死柄木ですが、それでも相当な力を持っていました。

エンデヴァーもかなり驚いていましたよね。

何より「崩壊」を使用させないだけでも、今後の戦局は変わるでしょうが…。

個性を封じられた状態であれば、なんとか死柄木を捕えることができるかもしれません。

ただ、イレイザーヘッドが足に重傷を負っていたのが気がかりです。

ニア・ハイエンド達がいる以上、このまま戦場にいるのは危険な気がします。

ヒーロー達もニア・ハイエンドや死柄木と戦いながらイレイザーヘッドを守るというのも至難の業。

しかしイレイザーヘッドなら、足のケガを無視して戦いに参加しそうですね。

生徒たちを守りたいという強い気持ちがあるからなおさら!

ですが個性を抹消できない状態の死柄木を復活させるのはかなり危険。

他のヒーロー達のサポートを受けながら死柄木に狙われない、しかし死柄木を封じることができる位置に避難なんてことも?

デクVS死柄木

イレイザーヘッドを庇うようにして死柄木の攻撃を防いだデク。

以前爆豪は、デクがOFAの個性を発揮できるのはインパクトの瞬間が45%、平常使用で30%と言っていましたね。

OFAを出力した今回はおそらく45%の出力状態と思われます。

45%ですら死柄木の「崩壊」は止められなかったので、今回も一瞬食い止める位が限界でしょう。

エンデヴァーも驚いていた個性が使えない状態の死柄木に対抗するには、45%以上の力が必要になります。

もしかすると今回の死柄木との戦闘でもっと高い出力を出せるようになるのではないでしょうか。

今の最大出力がどのくらいまで出せるのか判明していないので、そこも気になりますね。

ですが、死柄木にデク一人で対抗できるとは思わないですよね。

デクのピンチにもみえますが、エンデヴァーが駆け付けるのではないかと思われます。

前回死柄木に踏み倒されていたエンデヴァーですが、死柄木が逃げる際に攻撃をしていたので無事なはず。

エンデヴァーが駆け付け、デクと一緒に力を合わせる…なんてことも?

ただ、デクが狙われている今、死柄木の前に出てしまったのはヤバい気がします…。

グラントリノが言っていた「最悪」の事態がどういう方向に行くのか。

このまま死柄木にデクが連れ去られる、はたまたその場で個性を奪われる、なんて可能性も捨てきれないのが怖いですね。

爆豪の動き

前回爆豪はデクと共に死柄木に向かっていきました。

デクと爆豪が共闘して死柄木と戦うシーンが見たいですよね。

ですが今回イレイザーヘッドが動けない状態にあるため、爆豪は彼のサポートに着くのではないでしょうか。

多くのヒーロー達が戦場にはいますが、ニア・ハイエンドが目覚めてしまった以上ヒーロー達はそちらとの応戦に必死になるはず。

死柄木の個性を封じる為、マニュアルだけはイレイザーヘッドの元に必ず必要です。

しかし彼が死柄木の目の乾燥を防ぎながら戦闘することは難しいでしょう。

息を合わせていきましょうと言っていましたから、集中しなければいけないでしょうからね。

爆豪はイレイザーヘッドが死柄木の攻撃を受けないよう、先生を守ることに徹すれば安心ですよね。

先生、今度はこっちの番だ、と言っていたのでこの展開の可能性が高い気がします。

生徒たちが自分を守って奮闘する姿をみて、感動する相澤先生が描かれるでしょう!

ヒロアカネタバレ最新話277話のTwitterでの予想

ネット上でもイレイザーヘッドのカッコよさに興奮していましたね。

やっぱりデクと爆豪の闘いを楽しみにしている人が多くいました!

ヒロアカネタバレ最新話277話確定速報まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)の277話のネタバレと感想について書かせていただきました!

イレイザーヘッドを守るために死柄木の前に出てしまったデク。

グラントリノが心配していた「最悪の事態」と、デク達が考える「最悪の事態」は全く違うものでしたね。

先生を失うことが最悪だと言ったデクにもう感動です!

そして生徒のその姿をみて、イレイザーヘッドはデクに君はヒーローになれないといったセリフを後悔しているようにもみえましたね。

もうデクは心も立派なヒーローですから!

以前予想していた通り、死柄木の頭に聞こえる声はAFOのものでした。

支配されそうな予感がしていましたが、今回振り切った様子です。

死柄木との闘いはもちろんですが、山荘での闘いからも目が離せませんね!

以上、僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)277話のネタバレについてお伝えしました。

最後まで読んでいただいて、本当にありがとうございました!

 

【278話】はこちら<<◆>>【276話】はこちら

 

 

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です