ヒロアカ4期【第8話】のネタバレ・感想立ち上がれサンイーター!

こんにちは、こーです!

今回は、僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)のアニメ4期の第8話のネタバレと感想をお伝えします!

前話では、ついに死穢八斎會の本拠地に乗り込んだヒーローと警察たち。

本話では、今回は雄英ビック3の1人、天喰環の活躍が描かれます。

 

【第9話】はこちら<<◆>>【第7話】はこちら

 

 

ヒロアカ4期【第8話】のネタバレ・感想

【第8話-1】ネタバレ・感想 ミリオと天喰の過去

今回は天喰の回想から始まります。

天喰「あま…じき…です…えっと…ヒ、ヒー…」

小3で転校してきた天喰ですが、自己紹介が上手くできず転校初日につまずいてしまいます。

元々の性格もあり、友達が出来そうにないと諦めていた時に天喰に話しかけてきたのがミリオでした。

ミリオ「天喰くん!さっき自己紹介で言おうとしたヒってさ!もしかしてヒーローって言おうとしてたの?」

明るく話し掛けてきてくれたミリオ、天喰にとっては彼は太陽のような存在に見えました。

そしていつか、自分もミリオのように輝けたらと憧れていたのです。

 

【第8話-2】ネタバレ・感想 激しく抵抗する組員たち

一方ガサ入れしようと令状をもった警官が来ているにも関わらず、組員たちは激しく抵抗します。

組員が逮捕覚悟で総出で時間稼ぎを始める状況に困惑するヒーローと警察、地方ヒーローたちがその場を受け持ち他をサーたちを先に行かすことにしました。

令状をもってた警察の柄の悪さが気になりますw

とにかく建物内に入り込んだ一行ですが、この組一丸となった足止めに警戒を強めます。

どうやら情報が漏れていた訳ではなく、普段からいざという時は捨て身で時間稼ぎをすると決めていたようです。

それに対して男らしくないと怒る切島くん、いい子ですねw

【第8話-3】ネタバレ・感想 辿り着く地下の隠し通路

そしてサーの予知通り隠し通路を発見し、地下に潜ろうとしますが、そのにも敵が待機していました。

その敵はバブルガールたちが引き受け、皆はついに地下に潜入します。

しかし、そこで見たのは一面の壁でした。どうやら治崎が個性を使い、足止めする為に大きなコンクリートの壁を作り出していたのです。

ミリオが偵察し、デクと切島の連携で壁は壊され、これだけ進ませたくないということはこの先にエリちゃんがいるのだと皆確信しました。

ですが、罠はそれだけではありません。地下を死穢八斎會の入中が持つ個性・擬態により、コンクリートと同化して道自体がうねり動く、生きた迷宮にされたのです。

これ擬態ってレベルではないのでは?強すぎ

対象が見えないた為、相澤の抹消も出来ず翻弄される一同。

天喰もネガティブを発動しかけますが、そんな彼にミリオは発破をかけます。

さらに自分の透過なら方向さえわかれば、エリちゃんの場所までたどり着けると1人先行してしまったミリオ。

そんなミリオを見て、天喰も自分のすべきことをしないとと決意しました。

【第8話-4】ネタバレ・感想 天喰立ち上がる!

そんな中、足場に巨大な穴が開き、広場に落とされます。そこに待ち構えていたのは3人の死穢八斎會の組員でした。

皆で戦おうとしますが、天喰はこんな時間稼ぎ要員は自分1人で十分だと言い出しました。

相澤や警官たちが応戦しますが、そもそも相手の目的が時間稼ぎである以上ここで皆が立ち往生している時点で、策にはまったようなものです。

資料に書かれていた“窃盗”窃野トウヤ・“結晶”宝生結・“食”多部空満の3人をタコの再現で一気に拘束する天喰。

フィットに俺なら1人で3人完封出来ると宣言し、その言葉にフィットも応えます。

覚醒天喰カッコいい!

さらに相澤が個性を抹消し、多部を気絶させその間に戦闘不能にするように告げ天喰は「ミリオのことを頼む」と言い、皆は先に行きました。

相澤の助言通り即気絶を狙うつもりの天喰でしたが、窃野のナイフの攻撃でタコの足が切られ、その間に抹消の効果が消えてしまいます。

宝生の結晶による高い攻撃力と再現した防御用のアサリの殻を奪う窃野の連携に苦戦する天喰。

人生を捨てた身の自分たちを拾ってくれた若頭の為に戦うという窃野たち。

【第8話-4】ネタバレ・感想 ヒーローのサンイーターの始まり

一方、天喰はミリオとの中学時代を思い出していました。

失敗しても明るく元気なミリオ、それに比べて失敗を恐れて動けなくなる自分…。

ミリオは太陽のようなだと話す天喰ですが、ミリオから緊張しても負けたくないと頑張る天喰がいるからこそ自分は頑張れるのだと言われます。

お前は俺よりもスゴいやつだ、お前の言葉を借りるならと太陽よりもスゴいと言ってくれたミリオ。

天喰「俺は太陽すら喰らう者!サンイーターだ!」

だからサンイーターなんですね、この展開は熱い!

そう名乗り宝生の攻撃を見事防御、さらに必殺技のキメラクラーケンをぶちかましました!

【第8話-5】ネタバレ・感想 そして決着

一転しピンチに追い込まれた窃野たち、しかし気絶していた多部が目を覚ますことで再び状況は逆転します。

何でも食べ、即座に消化できる多部の個性は天喰と相性が悪く3人の連携もあり絶体絶命。

しかし、はぐれ者同士絆があり信頼関係が結ばれている彼らを見て現状打破の1手を思い付いたのです。

最初に結晶を投げ目潰しをし、窃野が個性を使えないようにした天喰。

さらに宝生の結晶による攻撃を、結晶を食べて再現出来るようになった、同じ結晶で防ぎます。

自分を殴るために接近していた宝生を鶏の脚で捕らえ、そのまま多部と窃野を一塊にして壁に叩きつけました。

素晴らしい連携がとれるほどの信頼関係があり、固い絆がある仲間同士だった彼ら。

だからこそ、友達である相手は食べることが出来ないと踏んで、宝生を盾にする形で多部に攻撃したのです。

 

▽▼ヒロアカ最新話までイッキ見する方法▼▽


△▲ 実質タダ(0円)で見れるよ。▲△

 

ヒロアカ4期【第8話】のネタバレ・感想 まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は、僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)のアニメ4期の第8話のネタバレと感想をお伝えしました!

いやー天喰先輩カッコ良かったですね!

ヒーローである天喰先輩がヴィランある窃野たちに絆を感じたのも素敵でした。

 

【第9話】はこちら<<◆>>【第7話】はこちら

 

 

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です