ヒロアカ4期【第6話】のネタバレ・感想 初めての優しい相沢

こんにちは、こーです!

今回は、僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)のアニメ4期の第6話のネタバレと感想をお伝えします!

前話では、切島のインターンでの目覚ましい活躍が見れましたね。

本話では、八斎戒に対するヒーロー側の活動方針が示されます。

 

【第7話】はこちら<<◆>>【第5話】はこちら

 

 

ヒロアカ4期【第6話】のネタバレ・感想

【第6話-1】ネタバレ・感想 チームアップ

インターン先から呼び出された緑谷、切島、蛙吹、麗日。

4人とも「コスチュームはいらない」ということと、「集合場所」についてのみ聞かされているだけで、詳細はわからないようです。

でも、各々のインターン先はそれぞれ違うはずなのに、同じ方向の電車に乗り、駅に着いてからも向かう方向は皆同じ。

どういうことや?

どうやら、集合場所は皆同じようですね。

集合場所には雄英高校のビッグ3の、通形、波動、天喰もなぜか揃い踏みでそこにいました。

集合場所はとある高層ビルです。

指定された階には、グラントリノや相沢消太、リューキュウなど、ビルボードチャートに名を連ねるヒーローから、地方で活動するヒーローまで大勢のプロヒーローが揃い踏みで待機していました。

 

緑谷「一体、何が始まるんだ?!」

 

緑谷は会場の並々ならぬ雰囲気に驚愕します。

【第6話-2】ネタバレ・感想 八斎戒の動向

どうやら、”ある案件”についての会議が行われるようで、その会議の主催者は「サー・ナイトアイ」のようです。

”ある案件”とは、サーの事務所で捜査・監視を行っている「指定ヴィラン団体 死穢八斎戒」の妙な動向のことです。

この会議は、死穢八斎戒の動きに対して、ヒーロー側がどう動くかについて検討を行うための協議の場のようです。

前話でリューキュウが「サーからのチームアップ要請がある」と言っていたやつですね。

ナイトアイ事務所のバブルガールが司会進行を行います。

また、センチピーダーからサーの事務所が八斎戒をマークした理由から、調査結果まで細かく報告が行われます。

センチピーダーの声ワロタwww

センチピーダーによると、死穢八斎戒の主な動向としては、

  • ここ1年で、全国の裏稼業組織と八斎戒の接触が急増している。
    →これはおそらく、金集めが目的と思われる。
  • ヴィラン連王と八斎戒が接触。組織間で何らかの争いがあったことがわかった。

八斎戒は認可されていない薬物の取引を行っている可能性があり、裏の事情に詳しいヒーローを集めたようです。

議論の中で話題に挙がったのが、前話で天喰に打ち込まれた「”個性”を使えなくする弾」のことです。

昔は悪に手を染める裏組織を潰しまわっていたファットガムも、そんな銃弾があったことは知らなかったようです。

【第6話-3】ネタバレ・感想 ヒーローの使命

”個性”消失弾と相沢の「”個性”を使えなくする”個性”」の違いは、相沢の場合、個性因子と呼ばれる遺伝子のようなものの活動を停止させますが、”個性”消失弾の場合はその”個性”因子を”傷つけて”使えなくするということらしいです。

つまり、”個性”消失弾は”個性”を発動する遺伝子そのものを攻撃することと同じということですね。

”個性”消失弾の現物は、切島が撃たれた際に”個性”の「硬化」で弾いた一発が入手できたらしいです。

そして、その中には「人の血や細胞」が含まれていたそうです。

おえええぇぇぇぇ…

なんちゅーもんを作っとんや。

その”個性”消失弾と、死穢八斎戒が直接リンクする決め手が今のところはないようです。

でも、

  • 治崎の”個性”が「オーバーホール(壊す・直すを自在に行える)」
  • エリちゃんの手足におびただしく包帯が巻かれていた。
  • ”個性”消失弾には人の血や細胞が入っていた。

これらの事実を考えた結果、

治崎がエリちゃんの身体を”個性”で”分解”し、銃弾にして売りさばいているのではないか?

という恐ろしい仮説が導き出されるのです。

エリちゃんを確実に保護する

これが、今回集まったメンバーに課せられた使命です。

【第6話-4】ネタバレ・感想 未来視は使えない?

ガサ入れを行うにも、一度で必ずエリちゃんを救出しなければなりません。

もし一度のガサ入れでエリちゃんを保護できなければ、雲隠れされて捜索が困難になる可能性があるからです。

そこで、サーは全国にある八斎戒の持つ土地やアジトなどをリストアップし、各チームに調査を依頼します。

地方のプロヒーローが呼ばれたのも、地方にある八斎戒のアジトの捜査のためですね。

相沢はサーに対して、「サーの”個性”で各々の未来を観ればいいのでは?」と提案しますが、サーは「それはできない」と一蹴。

未来を見た者に”死”が待っていたとしたら、それは回避できる可能性が限りなく0%に近いからです。

【第6話-5】ネタバレ・感想 相沢の優しさ

会議後、エリちゃんを保護できなかった自責の念に駆られる緑谷とミリオ。

そこに、相沢が現れます。

相沢は、今回の件にヴィラン連合が絡んでくることから、緑谷らのインターンの中止を提言する予定だったようです。

 

しかし、緑谷はこれまで幾度となく”規則”を破り、無責任なヒーロー活動を繰り返してきました。

エリちゃんを助けられなかった緑谷の心中を察し、

 

「ここでインターンを中止し強引に緑谷を本件から外せば、緑谷は必ずまた無茶をしてしまう。」

 

そう考えた相沢は、あえてインターンを中止しませんでした。

 

「俺が見ておく。するなら、正規の活躍をしよう」

 

 

こんな優しい相沢先生初めてだわ….。

▽▼ヒロアカ最新話までイッキ見する方法▼▽


△▲ 実質タダ(0円)で見れるよ。 ▲△

ヒロアカ4期【第6話】のネタバレ・感想 まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は今回は、僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)のアニメ4期の第6話のネタバレと感想をお伝えしました!

緑谷の身を案じ、あえてインターンを中止しなかった相沢の優しさが光るお話でした。

治崎の悪事を阻止することはできるのか、次回からは捜査編です。

 

【第7話】はこちら<<◆>>【第5話】はこちら

 

 

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です