無能なナナ、ネタバレ・感想 【第33話後編】ジンの驚異の実力!

こんにちは、こーです!

今回は、漫画UP!で読める無能なナナの第33話後編のネタバレと感想をお伝えします!

前話では、能力の弱点をついたはずのジンから思いもよらない反撃を受けることになったナナ。

本話では、その弱点を攻略したはずなのに攻撃された真相が明らかになります。

 

第34話前編】はこちら!<<◆>>【第33話前編】はこちら

 

無能なナナ、ネタバレ・感想 【第33話後
編】

ジンに敗北したナナ

念動力で拘束されそのまま吹っ飛ばされたナナ。

かなりの勢いで飛ばされた上、木に叩きつけられた為痛みのあまり身動きがとれません。

ジンはナナのこと心配してるわりにこういう時は相変わらず容赦ないですよねー。

そんなナナに弱点を見破ったはずなのに、何故変身しないまま能力が使えると思う?とジンは聞いてきました。

ちなみにジンが知る限り、2つの能力を持っている能力者はいないとのこと。

その能力の秘密は?

その言葉にナナは青ざめ、唖然とします。

「ずっと化けていた?」ナナは震える声でそう答えました。

初対面から見ていた眼鏡をかけた男性の姿はジンの本当の姿ではなく、念動力の能力者の姿だったのです。

ナナが気がついた弱点は正解だったのですが、ジンはすでにその対策を万全にしていたということですね。

ナナににっこりと笑いながら正解だと告げるジン。

その余裕のある姿とは反対にナナは膝を折り、絶望します。

ナナは最初からジンの手のひらの上で踊らせられていた状態だったのです。

本当に何も出来ずに即死させられればアウトですが、それ以外なら念動力で相手が自分を見れないようにしてキョウヤに変身すれば不死身ですからね。

ジンは本当に強いです。

ナナと向き合うジン

ジンに出し抜かれ死を確信するナナ、ジンは「もう人を殺さないと誓った」「神様、私に人を殺させないで下さいと願った」と話しつつ「しかし私は無神論者だった」とナナに手をかざしました。

シリアスな場面ですがジンのこういう所がナナは苦手なんだろうなと思いました…。

こういうキザな言い回しあんまり好きそうじゃないですよね、ナナ。

さて、その言葉にナナは目をつむり最期を覚悟します。

ですが、ジンはナナを殺しませんでした。

膝をつき、立ち上がれないナナと目線をあわせてから改めてミチルを見殺しにしてしまったことを謝るジン。

ミチルによってナナがどう変わるのか知りたくてレンタロウから救えるのに放置していた、本当にすまないとナナと向き合いました。

それを聞いて「だからジンを殺そうとした自分を許すというのか」とナナはかなりの不信感をあらわにします。

そんなナナにジンは「君は“人類の敵”として能力者を殺しているね?」と改めて問いました。

その言葉にナナは素直に頷きます。

レンタロウのような人物もいる以上、ナナが殺人を犯すこと自体を咎めるつもりはないとジンは話します。

まぁ、ジンもクラスメイトを殺していき延びているんでしょうし、レンタロウの止めを刺したのは他ならぬジン自身ですからね。

だが、ナナに“人類の敵”を殺すように指示した鶴岡はジンと接触した時に手を組もうとしてきたことを伝えてきました。

ジンは驚くナナにもう一度いろいろなことを考えてみるように伝えます。

驚きのあまりジンを呆然と見つめるナナ、ジンに変身出来ないとツッコミを入れられるまで固まるほどの衝撃だったようです。

ナナが目をそらすとジンは変身して消えていきました。

これ飛んだんでしょうか?瞬間移動でしょうか?ちょっと気になります。

ナナは1人取り残され地面をぼんやりと見つめます。

使命について揺らぐナナ

ジンの言葉により鶴岡が“人類の敵”を勧誘したことを知り、ナナはかなりの動揺を見せます。
今まで殺してきた人たちを思い出すナナ。

さりげなくツネキチとレンタロウは思い出してもらえない辺りに、ナナの2人に対する感情が伺えます。

病んでいたが悪人というよりは憐れで壊れてしまった女の子だったユウカや、ミチルちゃんをいじめてたものの普通だったカオリたちは殺すべき相手だとは考えていないようです。

自分がしてきたことの意味は?と汚してきた手を見つめ、愕然とするのでした。

無能なナナ、ネタバレ・感想【第33話後編】

いかがだったでしょうか?

ジンの警戒心は本当にスゴいですね!

そして鶴岡の行動を知り、ショックを受けたナナが心配です。

能力者、性格に癖がある人物は多いもののいい奴も悪い奴も普通の子もいるんですよね…。

今回は、無能なナナの第33話前編のネタバレと感想をお伝えしました!

 

第34話前編】はこちら!<<◆>>【第33話前編】はこちら

 

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です