>>無料でヒロアカを全話みる

白柳啓の能力や父親との関係について解説

こんにちは、こーです!

今回は、出会って5秒でバトルの主人公「白柳啓」の能力や父親との関係についてご紹介します。

異能バトルマンガの中でも、特に「出会って5秒でバトル」については異能だけに頼らない「戦略」を使った戦いが特徴的ですね。

その「戦略」の立案・実行においては、「白柳啓」の右に出る者はいないといって良いほどのキレ者!

そんな彼について、余すことなくご紹介できればと思います。

 

白柳啓とは

  • 名前   白柳 啓(しろやなぎ あきら)
  • 年齢   16歳
  • 生年月日 不明
  • 能力   詭弁家(ソフィスト):相手があなたの能力だと思った能力

白柳啓のプロジェクト参加前

ごく普通の高校に通う高校生、と見せかけて天才的な頭脳を持つ高校生です。

高校では、まともに授業を受ける気が無く、授業中は常にスマホをいじっているらしいですが、それでも成績はトップクラス。

学校内だけでなく全国レベルでも学力ランキングは上位のホンモノの天才です。

そのためか、”勉強なんて簡単”と勉学に励むことには全く興味が無く、その代わりに「戦略」を用いたゲームに没頭する日々を送っていました。

特に、インターネットゲームにはまっていて、ネット上で行われる討論ゲーム「ワールドロジックプレイ(通称WLP)」というゲームを得意としています。

ワールドロジックプレイとは
二人の匿名プレーヤーが討論ゲームを行い、観戦者がその討論を見てポイントを与えて勝敗を決するゲーム。

白柳啓のプロジェクト参加後

上記のように、退屈な日々を送っていましたが、謎の組織の「プロジェクト」に強制的に参加させられます。

組織名は今のところ不明。白柳をプロジェクトに参加させたのは「魅音(みおん)」という小柄な女の子です。

魅音の見た目は小学生か中学生くらいですが、性格はためらいなく人を殺せるほど残忍。白柳をプロジェクトへ強制参加させる際も、彼の腹に躊躇なく「大砲」を打ち込み、死亡させました。(プロジェクトへの参加には、参加者が死亡する必要がある)

無理やり謎のプロジェクトに参加させられた白柳ですが、内心は退屈な日々から非日常の世界に飛び込めたことを少しばかり喜んでいるようです。

でも、自分を問答無用でプロジェクトへ参加させた”組織”に対しては敵対心を抱いていて、最終的には自分の”能力”を使って組織を潰すことを考えています。

窮地に立たされても常に冷静沈着。相手の2手3手先を読み敵を翻弄します。

ゲームで鍛えた「戦略」の思考能力が役に立ってますね。読者である僕自身も騙されることがよくあります。

白柳啓の能力

白柳啓の能力は「相手があなたの能力だと思った能力」です。

「相手があなたの能力だと思った能力」とは

この能力は即ち、「”相手”が『白柳啓の能力はこれだ!』と頭の中で思った能力がそのまま白柳啓の能力になる」というものです。

この”相手”というのも解釈が難しいのですが、要は、

MEMO
”相手”とは「白柳が認識している相手で、その相手も白柳の事を認識している」状態の人間のことです。

例えば、僕と白柳が敵対していたとして、僕が「白柳の能力は”瞬間移動”だ!」と考えた瞬間、白柳の能力が瞬間移動になるということです。

これだけ聞くとかなり強力な能力やんね。

でも、「”相手”に思わせる能力」によって自分の能力が決定してしまうことはデメリットでもあるんですよね。

もし、白柳啓の本当の能力が敵に知られてしまったら、もう白柳自身にはなすすべがありません。

白柳啓の能力の使い方

じゃあ、この能力を有効活用するためにはどうすべきの?

作中で白柳が実際に使った手を見てみましょう。

白柳啓の能力の使い方
  • 自分の能力を明かす際、「”相手”が一度見たことのある能力の名前」を告げることで、相手の脳内にその能力をイメージさせる。
  • 信頼できる仲間に自分の本当の能力を打ち明け、「自分に都合の良い能力」をイメージさせる。
  • 自分の能力について曖昧な情報を敵に流すことで、自分の使いたい能力に誘導する。

などなど、白柳啓の脳ミソでしかできないような能力の使い方を見せてくれます。

2つ目の能力の使い方は、信頼できるパートナーである「天翔優利」に主にその役目を任せています。

信頼こそが命やな。

そうですね。天翔の信頼を失えば自分の能力について暴露されるとか、自分の思うように能力をイメージしてくれないってことが起こり得ますもんね。

今のところは、白柳と天翔の関係は良好で、そういうことは起こら無さそうですが、今後そんな展開になるかもしれませんね。

因みに、「多々良りんご」も白柳の本当の能力を知っています。

彼女は自分の能力で白柳の能力を看破したんですが、運よく多々良が味方だったので白柳は首の皮一枚繋がりました。

今後、敵側にも相手の能力を看破する能力者が現れる可能性があるので、白柳は注意が必要ですね。

白柳啓の父親について

白柳はプロジェクトに参加する前からマンションで一人暮らしをしていました。

部屋は荒れ放題で、ロクな生活を送ってはいなかったことが見受けられましたね。

でも、白柳啓の父親から「ブラックのクレジットカード」を預けられていたため、生活には全く困ったことは無いようです。

父親どんな大金持ちなんや!?

白柳啓の父親の名前は「白柳燈夜」といって、「公安庁」に務めている役人のようです。

言動や立ち振る舞いから、公安庁の中でもかなり上の地位にいる人物のようです。

 

白柳燈夜は、なんと”組織”が企画するプロジェクトの参加者でした。

初登場は4thプログラムに入ってからで、白柳啓との対面シーンでしたが、その時の会話からして親子関係は良好とは言えなさそうです。

燈夜の詳細は別記事で書かせていただこうと思います。

白柳啓の能力や父親との関係について解説 まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、出会って5秒でバトルの主人公「白柳啓」の能力や父親との関係についてご紹介しました。

白柳啓の能力は、使い方によっては強力な武器になりますが、使い方を誤ると自分の身を亡ぼす「諸刃の剣」のような能力です。

そんな能力を今まで使いこなしてきたのは、白柳啓が頭が良くてキレ者だったからでしょう。

4thプログラムの次はついに最終プログラムです。

啓のさらなる活躍に期待です!

合わせて読みたい

白柳啓は他の能力者と比べてどれくらい強いのか?

>>出会って5秒でバトルの強さランキング 最強キャラは誰?

にてご紹介していますので、ぜひご覧ください。

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です