大江麻理子が代休取得宣言をした理由はなぜ?

こんにちは、こ―です!

2020年2月11日のニュースで、テレビ東京の大江麻理子キャスターが代理休暇宣言について触れられていました。

大江麻理子さんはテレビ東京で30年以上続いている「ワールドビジネスサテライト(WBS)」のメインキャスターを務められています。

大江さんは今年1月に休暇を取得しましたが、今度は代休宣言です。

今回は、大江麻理子さんが代休取得宣言をした理由はなぜなのかを考察してみたいと思います。

大江麻理子さんの代休取得宣言

2020年2月11日、大江麻理子さんの公式Twitterで、以下のような投稿がされていました。

「働き方改革の一環で、1月に休みをいただきました。」

大江麻理子さんは今年の1月にも約1ヵ月の休暇を取得されています。

1月に休暇を取った経緯は?

1ヵ月の長期休暇というと、一般のサラリーマンであれば考えられないほど長い休暇ですよね。

では、なぜ大江麻理子さんは1ヵ月もの長期休暇を取得されたんでしょうか?

この件についても、大江さんのTwitterで概要だけ説明がありました。

どうやら、冬休みと有給休暇を組み合わせての休暇取得のようです。

また、これだけ長期の休暇を取得する理由としては、

WBSを担当して6年近く。ちょっと疲れが溜まってきていたことと、キャスターの働き方改革を進める会社の方針で、1月いっぱい、お休みをいただくことになりました。

と、ワールドビジネスサテライトでの職務の疲れが溜まってしまった結果ということをおっしゃっていましたね。

ワールドビジネスサテライトは激務でヤバイ?!

また、あるニュース記事では、ワールドビジネスサテライトの激務具合が語られていました。

(以下、引用文)

――WBSは30年以上続く看板番組の一つです。単純に「ひえー、大変そう」って思っちゃいます。

 ありがとうございます(笑)。そうですね。毎日、テレビ画面に出ることが大切だと思ってきましたし、だからこそ、どんなに具合が悪くても夜11時にはそこにいることをテーマに6年間突っ走ってきました。

 海外出張が急に入ることもあります。最近だとサウジアラビアに行きました。出張が決まったのが出発2日前で準備もそこそこ。当日は企業トップにインタビューをしてから、成田空港に向かって飛行機に乗って。現地についたら2時間くらいで準備をすませて取材です。その日の夕方にはWBSの中継。日本に戻った翌々日にはグーグルのピチャイCEOのインタビューで。事前に勉強もしておかないといけませんから、けっこう大変でした。
(引用元:テレ東 大江麻理子キャスターが語る福岡愛 思い出すふるさとの景色とは

ワールドビジネスサテライトはテレビ東京の看板番組といっても過言ではありません。放送頻度は平日は毎日で、しかも上記記事にもあるように、急な海外出張が入ることもあり、かなりの激務だったことが伺えます。

しかも、当然看板番組である以上番組の構成やキャスターにはかなりのクオリティが要求されます。

大江麻理子さんは、2014年4月から約6年もの間この看板番組のメインキャスターを務められていますが、6年という長い間仕事のスピード感」と「クオリティの高さ」を両立させなければならなかったことが疲れが溜まってしまった要因であると考えられますね。

大江麻理子さん以外もキャスターは激務に悩まされている?

大江麻理子さん以外のテレビキャスターについてはどうなのでしょうか?

 

色々調べてみると、テレビ局で働くキャスターの働き方の現状が見えてきました。

 

かなり前になりますが、2012年のこと、早朝番組を担当するキャスターである森本健成(もりもとたけしげ)さんが、電車内で女子大生に痴漢をしたとして、強制わいせつ罪で逮捕されました。

 

森本健成 さんは、品行方正な方として、世間一般からは認識されていました。

このような方が、なぜ強制わいせつに走ってしまったのか、この件に関して考察されていた記事がありましたのでご紹介します。

(以下、引用文)

 森本アナは11月14日午後7時45分ごろ、東急田園都市線の下り急行電車内で、女子大生(23)の胸を触った疑いで逮捕された。女子大生に体を密着させ、なんと約11分間にわたり下着の中に手を入れ、“ナマ乳”を触りまくったという。
 捜査関係者によれば森本アナは「酒に酔っていて覚えていない。(犯行が本当なら)大変なことをしてしまった」と、うなだれていたとのことだが、その代償はあまりに大きかった。

(中略)

 テレビ関係者によれば、朝番組のキャスターは特に、ストイックな生活を強いられるという。
 「朝4時台開始の番組だと、キャスターは午前2時前には局に入る。特に女性はメークがあるので、さらに早い。月~金曜日のレギュラー出演であれば完全に番組中心の生活になり、木曜日あたりには疲労がピークになり原稿の読み間違いが増える。自分が空いている時間に他の人は仕事中なので、夜遊びどころか友人と会うのも一苦労なんです」

 森本アナの場合は『おはよう日本』の土曜・日曜日担当で、番組開始時間も平日の4時30分よりも遅い6時(土)、7時(日祝)だったが、それでもキツイことには違いない。
 「生活リズムの狂いはもちろん、何よりプレッシャーがハンパではない。朝の情報番組は局の顔で、視聴率競争も熾烈。各局エース級を出してしのぎを削っているんです」(同)

そんな状況のため、朝番組のキャスターたちは私生活がガタガタになることが多いのだ。

(引用元:早朝番組キャスターを蝕む「昼夜」逆転の激務(1)

皆さんが早朝にテレビを付けると何かしらの番組が放送されているはずです。その中には、収録された番組ではなく、生放送されている番組も数多く存在します。

上記記事で名前が挙がっている森本さんは、生放送の『おはよう日本』のキャスターを務められていました。

森本さんが担当していた、土日版「おはよう日本」の番組開始時刻は、朝6時からです。出勤時間なども考慮すると起きる時間は4時とかになりそうですね。

大江麻理子さんの代休取得宣言についてのネットの反応

大江さんの「代休取得宣言」についてのTwitterのコメントはどれも暖かいコメントばかりでした。
「大江さんがいないとさみしい」
といった声も見られ、復帰を望まれてる方は多いと思われます。

大江麻理子さんの代休取得宣言詳細

テレビ東京の大江麻理子キャスター(41)が、働き方改革の一環で、祝日はメインキャスターを務める同局の報道番組「ワールドビジネスサテライト」(以下、WBS)を休むことを報告した。

【写真】テレビ東京本社がある港区のビル

大江キャスターは建国記念日の11日、ツイッターを更新。「働き方改革の一環で、1月に休みをいただきました。しかし月曜~金曜まで祝日も出演する生活に戻ると、代休が取れません。そこで今後、大江は祝日休むことにしよう、となりました。まだまだMCの働き方改革は試行段階で、ひとまず2月3月の方針です」と説明し、「11日はおりませんが、WBSをよろしくお願いいたします」と呼びかけた。

大江キャスターは1月8日にツイッターで「WBSを担当して6年近く。ちょっと疲れが溜まってきていたことと、キャスターの働き方改革を進める会社の方針で、1月いっぱい、お休みをいただくことになりました」とし、休暇を取得していた。今月3日放送で番組に復帰した。

(引用元:大江麻理子アナ、働き方改革で祝日「休むことに」

大江麻理子が代休取得宣言をした理由はなぜ? まとめ

いかがだったでしょうか。

 

今回は、テレビ東京の大江麻理子さんの代休取得宣言をした理由はなぜなのかについて考察してみました。

 

色々調べてみて感じたのですが、キャスターさんの仕事に関しては、真っ先に働き方改革を導入するべきさと思いました。

 

大江さんのこの選択がテレビ局の働き方改革を加速させることになれば良いと思います^^

 

最後まで読んでいただいて、本当にありがとうございました。

 

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です