紅白歌合戦2019の落選者一覧!理由は?なぜ?ネットの声まとめ

紅白の出演者が決定しましたね!

昔から継続している古参アーティストもいたり、紅白歌合戦2019で初出演を果たしたアーティストもいますが、逆に落選したアーティストもいますね。

今回は、

  • 紅白歌合戦2019の落選者一覧
  • 落選した理由はなぜなのか?
  • ファンの声まとめ

これらの情報をお届けいたします!

紅白歌合戦2019の落選者一覧

紅組、白組に分けてご紹介いたします。

紅白歌合戦2019の落選者一覧【紅組】

  • 三代目J SOUL BROTHERS
  • Suchmos
  • Sexy Zone
  • SEKAINOOWARI
  • EXILE
  • 宮本浩次
  • 米津玄師
  • スピッツ
  • ゴールデンボンバー
  • 岡崎体育

なぜ落選したのか?理由は?

EXILE、三代目J SOUL BROTHERS

EXILEや三代目J SOUL BROTHERSの落選した理由については、結構明白ですね。

それは、EXILE TRIBEからGENERATIONSが出演するからというのが大きい気がしますね。

やはり、同じ事務所から複数のアーティストの出演は限られる可能性が高いです。

また、三代目J SOUL BROTHERSに関しては、カウントダウンライブを行うことが決定していますから、紅白に出演できないのは五極当然ですね^^;

米津玄師

米津さんは今年大ブレイクしたわけではありませんが、これまでずっと継続的に人気のあるアーティストですよね。

紅白に落選したのは、米津さんのファンだけでなく、何となく米津さんのことを知っている方も驚いたのではないでしょうか?

やはり米津さんの「テレビ嫌い」が影響しているのかもしれませんね。

もしかすると、出演オファーがあったかもしれませんが、それを米津さん自身が断った可能性がありますね。

スピッツ

もはや日本に住んでいてその名を聞いたことがない人はいないのでしょうか。

今年は、NHKで放送された連続テレビ小説『なつぞら』の主題歌を担当したこともあり、紅白の落選については衝撃が走りました。

僕なりにスピッツの落選理由を調査してみました。そこで、スピッツのメンバーの発言で、以下のようなものがありました。

テレビは緊張してしまう。

紅白はテレビで観るものだと思っている。

NHKの番組の主題歌を務めた程ですので、当然、紅白の運営から出演のオファーがあった可能性は高いです。

米津さんと同様に、オファーを断った可能性が高いですね。

ゴールデンボンバー

紅白の舞台ではアグレッシブなパフォーマンスを披露していたゴールデンボンバーですが、紅白歌合戦2019では落選してしまいました。

紅白への出演が2015年を最後に途絶えている彼らですが、その理由はなぜなのでしょうか?

恐らく、「女々しくて」以降、目立った実績が残せていないことが原因ではないかと思います。

紅白の落選を受け、新アルバム「もう紅白に出してくれない」のリリースを発表しましたw
完全にネタですねw

紅白歌合戦2019の落選者一覧【白組】

  • DAOKO
  • あいみょん
  • 松任谷由実
  • BiSH
  • IZ*ONE
  • 鈴木愛理

なぜ落選したのか?理由は?

あいみょん

あいみょんは今年の7月に菅田将暉さんとのコラボで「キスだけで feat. あいみょん」をリリースしました。

菅田将暉さんは紅白への初出演を果たしましたが、あいみょんは残念ながら落選してしまいました。

あいみょん…今年めっちゃ人気やったやん!!なぜ落ちた….。

考えられるのは、
・NHKへの貢献度が少ない
・あいみょん自身が出演を断った

これらの理由が考えられるのではないでしょうかね?

BiSH

BiSHの特徴は、”アイドル”にありがちなファンからの推しによる人気だけでなく、音楽レベルの高さにあります。今年は全国ツアーを成功させ、紅白への出演は間違いないと思っていましたが、残念ながら落選してしまいました。

理由として考えられるのは、「GENERATIONS・DA PUMP・三浦大知・TWICE」など、BiSHと同じavexからの紅白出演アーティストが多数いるというのが大きいと考えられますね。

IZ*ONE

日韓で大きな人気を集めているガールズグループですが、残念ながら紅白への出演は果たせませんでした。

NHKのうたコン視聴率ランキングでも継続上位を維持してたのに…..なんで落ちた!?

落選理由として考えられるのは、「PRODUCE X 101」、「PRODUCE48」で順位操作が行われていたという事実が発覚したことが大きいですね…。

不正をしたアーティストは出したくないというのが紅白運営側の本音ということでしょうかね….。

紅白歌合戦2019の落選へのネットの反応は?

紅白歌合戦2019の落選基準は?

紅白歌合戦の選考理由はどのようなシステムになっているのでしょうか?

紅白の選考・落選基準
  1. 今年の活躍
  2. 世論の支持
  3. 番組の企画・演出

であったとNHKが発表しています。

①今年の活躍、②世論の支持については、以下のデータを参考にしたとのこと。

1.今年の活躍
A)CD・カセット・DVD・Blu-rayの売り上げ
B)インターネットでのダウンロード・ストリーミング・ミュージックビデオ再生回数・SNS等についての調査
C)有線・カラオケのリクエスト等についての調査
D)「NHKのど自慢」の予選出場者の曲目
2.世論の支持
E)7歳以上の全国2235人を対象にNHKが行った「ランダムデジットダイヤリング」方式による世論調査の結果。
※ 質問は、「紅白に出場してほしい歌手男女各3組」
F)7歳以上の全国8000人を対象にNHKが行ったウェブアンケート調査の結果
※ 質問は、「紅白に出場してほしい歌手男女各3組以上10組まで」
その結果、今年の「第70回 NHK紅白歌合戦」に出場する歌手を決定しました。
(引用元:NHK紅白歌合戦 公式HP

紅白歌合戦2019の落選者一覧!理由は?なぜ?ネットの声まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は、紅白歌合戦2019の落選者を一覧形式でご紹介し、それぞれのアーティストの落選理由を考察してみました。

また、ネットの反応についても見てみました。

最後のNHKの公式情報によると、選考には様々な要素が絡み合っている様なので、もしかすると一概に落選理由は語れないのかもしれません。

来年は出演できることを願いましょう^^

紅白歌合戦の出演者や当日のタイムテーブルについては下記記事でご紹介しています。

最後まで読んでいただいて、本当にありがとうございました。

 

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です