>>無料でヒロアカを全話みる

ケトジェニックダイエットとは?!

こんにちは!こーです!
今回は、『ケトジェニックダイエットとは?!』と称して、ケトジェニックダイエットの概要についてお伝えしますよ!

今回の記事を読んでいただければ、ケトジェニックダイエットの全体像が何となくイメージできると思います。

何となくで良いのか?

何か物事を知る時に大事なのは”段階を踏む”ということです。まずは全体像を把握しなければ、細かいことを知ろうと思っても頭に入ってきません。

ですから、最初は”何となく”で良いからまずは知識に触れて、概要を理解するということが大事なんです^^

では、早速本題に移ります!

 

ケトジェニックダイエットとは:糖質制限を行う

ケトジェニックダイエットは、食事制限を行います。

ただし、闇雲に食べる量を減らしたり、ファスティングを行うわけではありません。

じゃあ何を制限するんや?

具体的に言うと、”糖質”を制限します。

糖質を制限すると聞くと、「糖質制限」を思い浮かべる方がいらっしゃるかと思いますが、ケトジェニックダイエットと糖質制限は似て非なるものです。

ここでは簡単な説明に留めますが、糖質制限は糖質の摂取量を減らすことのみにフォーカスしたやり方で、ケトジェニックダイエットは糖質以外の栄養素についてもちゃんと摂取量を定めたダイエット法です。

ただ、痩せる理由については、糖質制限と同じです。

糖質とは、僕らが普段食べている「白米」や「麺類」「パン」などの”主食”に多く含まれているものです。(糖質=炭水化物-食物繊維)

糖質を摂取すると血糖値が上がり、「インスリン」というホルモンが分泌されますが、このホルモンは糖質を「中性脂肪」に変換する働きを持っています。

ということは、糖質を摂取すればする程「インスリン」の分泌量が多くなって、「中性脂肪」の生産に拍車がかかるということになります。

また、「白米」や「麺類」などの糖質の塊を食べると、血糖値が急激に上昇します。その後、「インスリン」が糖質を「中性脂肪」に変換することで血糖値を下げようとします。

この時、血糖値が急激に下降するのですが、実は人間は血糖値が下降する時に「空腹感」を感じるのです。

つまり、糖質は血糖値を上げたり下げたりするので、「空腹感」を感じやすい身体になってしまい、余計に食べてしまう原因になってしまうのです。

これらの理由により、糖質を摂りすぎてしまうと太ってしまうのです。

MEMO

糖質を摂取すると、

  • 血糖値が上がり「インスリン」が分泌されて「中性脂肪」が作られる。
  • 血糖値が上がり、下がる時に「空腹感」を感じて余計に食べてしまう。

  →だから糖質制限しないといけない!

また、糖質制限をする理由としてもう一つ、これから説明する「ケトン体」を体内で生産・消費するためということも挙げられます!

ケトジェニックダイエットとは:ケトン体を利用するダイエット

ケトン体とは

ケトジェニックダイエットでは、「ケトン体」と呼ばれる、体内で作られる物質を、身体を動かすエネルギーとして生産・消費することで痩せることを目標とします。

ケトン体を体内でエネルギーとして使うことに何のメリットがあるんや?

その説明の前に、まずはケトン体とは何なのかについて簡単に説明しますね!

ケトン体とは
体内の「中性脂肪」つまり脂肪が分解されることで生産される物質です。ケトン体は、糖質と同様に身体のあらゆる所でエネルギーとして利用することができます。

つまり、僕らが普段食べている糖質の代わりになる物質ということですね!

MEMO
ケトン体が体内で、常に生産・消費されるようになれば、「中性脂肪」が分解され続けるということです!これにより痩せられるということですね^^

でも、ケトン体が体内で生産・消費されるようになるには、ある条件を満たす必要があるんです。

その条件とは、体内で”糖質が枯渇した状態”を作りだすことです。

ケトン体が体内で生産・消費される条件

人間が身体を動かすのに使えるエネルギーは、

  • 糖質
  • タンパク質(正確にはタンパク質は糖質に分解され消費されます)
  • ケトン体

の3つがあり、これらの栄養素は消費される優先順位が決められています。

その優先順位は、一番目が糖質、二番目がタンパク質、最後にケトン体となっています。これは変えることができない原理原則となっています。

普段の食生活をしていると、糖質で身体活動の全てをまかなうことができるので、ケトン体が生産・消費されることはありません。

ケトン体を生産・消費するためには、糖質制限を行い、体内の糖質量を極端に減らして、

身体「やばい、糖質が無いからケトン体作らなきゃ」

と思わせる必要があります。

上手に糖質制限ができて、ケトン体が生産・消費されている状態を「ケトーシス」といいます。

注意
一度ケトーシスの状態になっても、誘惑に負けて糖質を摂取してしまうと、たちまち糖質消費優位になってなってしまいます!

だからこそ、きちんと糖質制限を継続する必要があるということですね^^

今回は概要だけ説明させていただきましたが、別記事に詳しいことはまとめます!

MEMO
  • ケトジェニックダイエットでは、ケトン体を生産・消費できる身体になることが重要。
  • ケトン体は中性脂肪が分解されてできるもので、常にケトン体が消費される=脂肪が分解され続けるということ。
  • ケトン体が生産・消費されるためには、糖質制限を行う必要がある。

ケトジェニックダイエットとは:食べながら健康的に痩せる

ケトジェニックダイエットの目的は、「ただ痩せる」ではなく、「健康的に痩せる」ことです。

少し考えていただきたいのですが、僕らは毎日食事をして生きていますよね。

超基本的なことですが、これって健康的に毎日を過ごすためですよね?

つまり、僕らはちゃんと栄養を摂らないと健康を維持できないってことです。(当たり前ですが大事なことなので敢えて言います)

よく聞く、「ファスティング」や闇雲な食事制限をやって、健康を維持できるでしょうか?

逆に体調を崩してしまうことは簡単にわかりますよね?病気になるまでは行かなくても、無理なダイエットは肌がボロボロになったりと、美容にも影響を及ぼします。

僕も一人暮らしをしていて、食事がおろそかになってしまうことがあります。で、そういう時はやっぱり体調は優れません。

ケトジェニックダイエットは、栄養学に基づいて必要な栄養素とその摂取量が定められています。

「栄養を摂りつつ、痩せることができる。」これが”健康的に痩せる”という意味です。

ちょっと踏み込んでお話しますと、必要な栄養素とは、「タンパク質」「食物繊維」「ミネラル」「オメガ3脂肪酸」です。

MEMO
ケトジェニックダイエットでは必要な栄養素と、その摂取量が定められており、きちんと守ることで”健康的に痩せる”ことができる。

ケトジェニックダイエットとは!? まとめ

いかがだったでしょうか!?
今回は、ケトジェニックダイエットとは何なのか、ざっくりと概要をご説明させていただきました!

ケトジェニックダイエットについて何となく理解していただけたのではないでしょうか!?

大事なことは下記の3つでしたね!

  • ケトン体を生産・消費できる身体になる。
  • そのためには糖質制限を行う必要がある。
  • 闇雲に食事制限を行うのではなく、必要な栄養素はきちんと摂る

これでケトジェニックダイエット入門編については理解していただいたも同然ですね!

 

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です