ドリフターズのネタバレ【第76幕】カントリーロード

こんにちは、こーです!

今回は、ドリフターズの76話のネタバレと感想をお伝えします!

前話では豊久たちは菅野が操る翼竜・タツオに乗って戦線離脱しました。

本話では敗退を告げる伝書に動揺するエルフたちをミルズがまとめ、士気を立て直します。

 

【第77話】はこちら<<◆>>【第75話】はこちら

 

ドリフターズのネタバレ・感想【76話】

ネタバレ・感想【第76話-1】敗退を告げる伝書

廃城でドリフターズたちの吉報を待つミルズとエルフたちに
伝書が届きます。

伝書です サルサデカダンの…ノブ達から…!!

ドリフターズ敗退!!サルサデカダンが…
間原が抜かれた!!

まさかのドリフターズの敗退を告げる伝書に
エルフたちは言葉も出ません。

負…っ 負けたっ のかっ

 

ミルズの言葉を切っ掛けに動揺し、ざわつくエルフたち
信長が負けたとなると、豊久はどうなった?と
豊久の無事を懸念する声もあがりました。

いままで負け無しだった
ドリフターズがまさか…
という感じですよね。

唯一の頼みの綱だし、
動揺するのもしょうがないよ。

ネタバレ・感想【第76話-2】可能性の見解

動揺するエルフたちを見て、
ミルズは手をたたき、一旦場を落ち着かせます。

伝書を…ねっ ま ま まずね 伝書を最後まで読もう!!

ノブ殿が送ったんだよねっ じゃじゃじゃじゃじゃあ 続きがあるよねっ!?

そして伝書の続きが読み上げられます。

我軍 被害大也 トヨ不明 我軍 廃城 退却中

豊久の行方と安否が不明という文字に
エルフたちはまた動揺します。

廃城のドリフターズの中でも
エルフ軍の大将であり、
戦いにおいて一番強い豊久が
行方不明ですからね。

更に不安になるのも無理はないよね。

その中、ミルズが一言、

みんなぁ この文からわかる事 どんどん言ってみて下さい

と、エルフたちに問いかけます。

おそらくミルズは、信長たちは敗退と書いているだけで
死んでいるわけではないと判断し、
エルフたちに問いかけたのだと思います。

トヨさん不明しか書いてないんで
他の漂流者…与一さんとかじいさんとかは生きてる
送ったノブさんも 当然 生きてる

エルフの中の一人が手を上げて言いました。

その言葉にミルズは
「いいです いいです どんどんください どんどん」
とエルフたちに見解を求めます。

エルフたちは

「全滅はしていないっぽい」
「 我が軍て言ってるって事は バラバラに壊走してる訳でもないと思う 」
「 トヨさん 死んでるかどうか わからない 」

と信長の伝書から可能性を見つけ出し、
次々と意見が集まりました。

すこしでも可能性があると安心しますよね。

ネタバレ・感想【第76話-3】机上の戦い

エルフの意見をまとめ、ミルズが出した結論は

漂流者軍はサルサデカダンで敗退した しかし全滅壊乱とかはしてない

漂流者はトヨさんのみ不明 あとはたぶん健在 黒王軍の動向は不明

でした。

そこからミルズはエルフたちに再び問いかけます。

じゃあ僕たちは どうしたらいいと思う? 何をしたらいいと思う?

どんなバカな事でもいいから 思いついた事をどんどん下さい どんどん

ここから自分たちはどうするべきか、
今後の方向性について考える材料を集めます。

エルフが信長たちは廃城に戻り、立てこもるのではないかと
予想を立てます。

うんうんうん ええと じゃあそうなると 必要なものをどんどん言いましょう どんどん

ミルズはその予想から必要なものはないかと更に聞き出します。

エルフたちは食料、武器など必要なものを次々と
意見します。

その意見を踏まえ、ミルズは
「絶対に必要なもの」・「ないと困るもの」・「あると嬉しいもの」に分け、
優先順位を決めて効率的に物資を集める計画を立てます。

みんなサルサデカダンで戦って負けた

僕らはここで 計算尺と地図と台帳で戦うしかないじゃないか

ミルズかっこいい!と思った瞬間でした。

初登場のときは冴えない感じだったのにね。

ネタバレ・感想【第76話-4】敗走中の信長たち

場面は変わり、雨の中、敗走中の信長たち。

雨か 弱り目にたたり目だな 雨は敗勢を狙いうちする 負け戦を嗅ぎつけてやってきやがる

雨は敗兵の心を挫く 歩く士気を挫き 木の傍らにへたりこませる力がある くそが

こちらは戦いに負け、被害が出ている上に
更に雨が振り、士気は完璧に落ちています。

ノブ殿 落伍者が続出しております

(落伍者:隊列から遅れた人のことを指します)

与一は今の現状を淡々と述べた後、
さらに続けます。

それと・・・ここは危険です 死地です

これ程の好餌 あの人が・・・あいつが 見逃すはずがありません

与一は誰かが来ることを察し、信長に伝えます。

信長は誰が来るのかわからないようで
「あいつ…とは?!」と与一に聞きます。

その時、

あはぁーーー 俺だよ!!

与一の元主、戦の天才とよばれた
源義経が現れます。

弱り目に祟り目、泣きっ面に蜂の
ことわざが具現した瞬間ですね。

ドリフターズのネタバレ・感想【76話】 まとめ

いかがだったでしょうか。
今回は、ドリフターズの76話のネタバレと感想をお伝えしました。

76話はミルズ大活躍!の内容でしたね。

混乱が続く中、ミルズのように冷静に対応できる
人がいると凄い安心しますよね。

次回はどんな展開になるのでしょうか

 

【第77話】はこちら<<◆>>【第75話】はこちら

 

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です