ドクターストーンの意味とは?タイトルと石神千空の関係から考察

ドクターストーンの意味とは?タイトルと石神千空の関係から考察

今回は、ドクターストーンの意味を考察していきます。シリーズ累計1000万部を売り上げている大人気SFアドベンチャー漫画ですね!

ドクターストーンとは一体なんのことなんだろう?直訳すると【石の医師】という意味になりますが、科学の力で石化された世界を復活させ取り戻していくなかで石鹸のことをドクターストーンと呼んでいるシーンがあるため、他に違う意味もありそうな気がします…

ドクターストーンのタイトル込められた意味や石神千空との関係性から考えられることをまとめてみました!

ドクターストーンの意味は?タイトルと石鹸・石神千空との関係

これまでの本誌を情報を基に、タイトルの意味を考察すると、石鹸と石神千空がキーパーソンである可能性が非常に高いと考えられます。

ドクターストーン=【医師】と【石】

では、ストーンワールドにおいて【石】はどのような意味をもつのでしょうか?石神千空が石から作り出したものや石にまつわるストーンワールドを救う手掛かりとなったシーンやエピソードがありますよね。

では、実際にスポットライト当たるシーンや人命を救うエピソードを見てみましょう!

  1. 石鹸
  2. サルファ剤
  3. コールドスリープ
  4. 故意による石化

➀石鹸

現代社会では簡単に作れそうですが、使えるものが少ないストーンワールドで石鹸は一体何から作られたのでしょうか?

まず、石鹸を作るためには炭酸カルシウムと海藻が必要になります。炭酸カルシウムを何から生み出すのか…見当もつかないですね。なんと石神千空は、貝殻を粉々にし炭酸カルシウムを作りました。炭酸カルシウムには3つの使用方法があるのですが、そのひとつとして石鹸を発明することに成功したのです。

医師のいないストーンワールドは病気が死につながる世界であるため、ばい菌などを浄化することが出来る石鹸は人命を救う重要なアイテムであることが分かります!

②サルファ剤

ここでは、ルリの病気を治すために抗生物質を作ったエピソードを見てみましょう。

ストーンワールドで作れる抗生物質は動物ルートの「ペニシリン」と石ルートの「サルファ剤」の2種類があります。石神千空は材料が簡単に手に入る石ルートから「サルファ剤」を作ることに決め、必要な材料集めながら様々な発明品を使って完成させましたね。

また、「サルファ剤」をルリに飲ませた際ビーカーで聴診し肺に水がたまっていることや住居近くに死んでいたネズミを検死し細菌に感染していることも見抜き、ルリの病気が肺炎であることまで突き止めた石神千空は科学者としてではなく医師のレベルに到達していると考えられます。

③コールドスリープ

次に、【石】が関連するエピソードといえば獅子王司をコールドスリープしたところですね。何故獅子王司はコールドスリープされたのでしょうか?読者の皆様も衝撃を受けたと思います。

まず、瀕死の致命傷を負うことになったの何故でしょう?それは、氷月の槍から妹の未来を守るために盾となったからです。脳死状態から異常なく石化から復活した妹を守りたい獅子王司の兄が妹を思う気持ちをひしひしと感じる感動的なシーンでしたが、処置をしても放置すると敗血症で死を待つだけだと判断し延命のため石化装置が手に入るまでコールドスリープしました。

そして、獅子王未来が脳死状態から異常なく復活したことから「石化」の効果を逆手にとれると可能性があると仮定した石神千空はコールドスリープすることに踏み切れたのだと思います。

④故意による石化

最後に、宝島にてコハクと銀狼が故意に石化状態になるエピソードです。初めて石化装置がどのような姿であるか判明した重要なワンシーンでしたね。

宝島では昔から頭首に逆らえば石されると言い伝えられていましたが、石化の能力は頭首にあるのではなく武器であることをアマリリスから聞いた石神千空は、正体を暴くためアマリリスと共にコハクと銀狼を後宮へ潜入捜査をさせます。

そして、イバラに呼び出された銀狼は頭首が石像だと知ってしまい口封じのため致命傷を負わされます。意識を失う直前に真相を聞いたコハクは自分たちが石化されたとしても仲間が救い出してくれると信じキリサメに石化武器を故意に投げさせ石化状態になりました。

このエピソードから、なんらかの致命傷を負っても故意に石化させ復活させることにより「石化」の効果が逆手にとれることが確信に変わりましたね。

石にスポットライトが当たるシーンや人命を救うエピソードを深掘りしたことで考えらえる考察はこちらです。

  • 医師の代わりの存在を作り出せること
  • 石化装置と復活液を使えば怪我が回復すること

つまり、ストーンワールドでは病気や怪我が命を落とす要因になるため石には医師の代わりになる特別な意味がある分かりましたね。

ドクターストーン=【博士】と【石神】

では、博士と石神千空には一体どんな関係があるのでしょう?博士を英語にするとドクターとなりますが医師ではないため意味が気になりますね。

この意味が読み解けそうなシーンが41話に2点ありました。

  • コハク達が住む村の名前
  • ラストシーンで石神千空が強調されていたこと

41話まで明かされていなかった村の名前が石神村であると知ります。つまり、コハク達は父・石神百夜の子孫であり石神千空とは親戚の可能性がありますね。

そして、ラストシーンで強調されていた背景にはストーンワールドの巫女だけが知る百物語が大きく関わっていると思います。なぜかというと、父が残した百物語の最後に石神千空のことが語られているからです。自分を宇宙飛行士にするほどの科学の知識に長けており、博士の意味でもある学問に広く通じる人物であるためストーンワールドの未来を変える重要な役割を担うと考えたからではないでしょうか。

ドクターストーンに込められた意味とは?

ここまではストーリーに関連付け考察結果を紹介しましたがいかがでしたでしょうか?

ここからは、筆者が本誌を読み込んでいくうちに【ドクター】と【ストーン】にはそれぞれに意味があるのではないかと考え、別の視点からドクターストーンに込められた意味を考察していきます。

ドクターの意味

ドクターとは、科学者のことを指し全人類を救うことの出来る知識のある人物や物の総称だと思います。

なぜかというと、本誌内でドクターと呼ばれているのはゼノ・ヒューストン・ウィングフィールドだけだからです。彼も本職は科学者であり医師ではありません。また、石鹸にドクターとつけたの理由もばい菌を浄化する効果があり病気を予防してくれるものだからだと考えます。

つまり、ドクターに込められた意味はストーンワールドを救うためのキーパーソンとなる存在ということではないでしょうか。

ストーンの意味

ストーンとは、万能な素材のことやストーンワールドそのものであるのではないかと思います。

なぜかというと、ストーンの英単語には石や宝石の他に副詞として【完全に、すっかり】という意味があるからです。本誌内で石や宝石は沢山の発明に用いられていますよね。また、【完全に・すっかり】という部分では、完全に人類が一度石化した地球=ストーンワールドのことを表しているのだと考えます。

つまり、ストーンに込められた意味は地球とストーンワールドに欠かせない素材でしょうか。

ドクターストーンの意味は?タイトルと石鹸・石神千空との関係 まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、ドクターストーンの意味と石神千空との関係を具体的に考察しました。

本記事の内容をまとめると…

ドクターストーンの意味まとめ
  • 医師の代わりになる存在
    ⇒石鹸/サルファ剤
  • 全人類を救うキーパーソンの人物
    ⇒石神千空

ということでした。

また、本誌で科学者のゼノ・ヒューストン・ウィングフィールドがドクターと呼ばれていますが、登場してからまだ人類を救う発明品は数少ないためキーパーソンとなるかは既刊では未確定だと思われます。タイトルにもなっている石鹸ついては、未知なる可能性が残されていると考えています。そして、まだ復活していないもしくは登場していない科学者が存在する可能性もありそうですね!

そして、石化した世界を作った創始者であるホワイマンの正体は一体誰なのでしょうか?月にいることと名前が「レイ」であること以外、現段階で手掛かりがないので気になります。今後の展開を毎刊期待してチェックしていこうと思います!

考察内容に続報があれば追記しますね!

一生懸命考えてみましたが、「ここはおかしいよ!」というところや「この部分は違った考察あるのでは?」というところがあれば是非コメントで教えてくださいね!

 

最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です