ダーウィンズゲームアニメ第2話の感想・ネタバレ

こんにちは、こーです!

今回は、ダーウィンズゲームのアニメの第2話の感想とネタバレをお伝えします!

 

前話では、カナメがバンダ君、シュカと白熱したバトルを繰り広げる話でした。

本話では、Dゲーム初めてのイベントの話です。

 

【第3話】はこちら<<◆>>【第1話】はこちら

 

以下、ダーウィンズゲームアニメ第2話のネタバレを含みます。

ダーウィンズゲームアニメ【第2話】のネタバレ・感想

【第2話-1】感想・ネタバレ ダーウィンズゲームのマニュアル

ダーウィンズゲームにはポイントがあり、そのポイントでガチャやアイテム等を買うことができる。

ポイントで【シェルター】というアイテムを買えば1週間クラスマッチの対戦者リストに名前が載らなくなる。と

シュカから聞いたカナメは大量にシェルターを買おうとしますが、シュカ曰く、シェルターは目の前の相手から申し込まれる【エンカウントバトル】は防げないというものだった。

ポイントをリアルマネーに換金できると聞いて試しに10ポイント換金したカナメは本当に換金されていることに驚きを隠せないでいる。

そこにダーウィンズゲームのイベント告知メールが届く。

【第2話-2】感想・ネタバレ デート!?宝探しイベント!?

デートという名目で宝探しイベントの舞台、渋谷を下調べをすることになったシュカとカナメ。

普通にデートをしようとするシュカにカナメはダーウィンズゲームに関係あるのかと聞きますが、シュカにうかつにゲーム名前を口にしないのこと、

下手するとゲームオーバー、本ゲームを広く公表する一切の行為を禁止、禁止行為が発覚した場合違反者はアカウント削除で強制削除されることを聞いたカナメはまたも驚きの表情。

フードをかぶった謎の男が解析屋と呼ばれる少女と電話をしています、内容はカナメのことのようです。

謎の男は、どうやらカナメを追っているらしく解析屋に情報をもらい渋谷に向かいます

デートの続きをし、シュカがお手洗いに行ってる頃、一人になっていたカナメにフードを被った謎の男が迫ります。

路地裏に連れ込まれたカナメはエンカウントバトルを申し込まれます。

相手は格闘技でカナメに襲い掛かります、カナメは1発殴られ怯んでしまいますが、異能(シギル)を使ってスタンガンを手中に出現させ反撃します。

そこにお手洗いから戻ったシュカがDゲームの通知を得て助けに来ます。

シュカとカナメが組んでいることを知ったイヌカイはサレンダーします。

【第2話-3】感想・ネタバレ 宝探しイベント開始!

 イヌカイとの戦闘後、シュカ、カナメ、イヌカイの3人の元に宝探しイベント1分前告知のメールが届きます。

イベントのことを話しているうちに転送の前兆が起き、3人ともバラバラの場所に転送されてしまします。

解析屋と呼ばれる少女もこの宝探しイベントの招待を受け転送されています。

このイベントは制限時間内にリングの所持数が3個未満のプレイヤーはゲームオーバーというリングを奪い合うサバイバルゲームだった。

イベント開始早々渋谷一の強豪クラン【エイス】のリーダー、王(ワン)と上半身セーラー姿の志藤アカネが殺し合いをします。

アカネは異能(シギル)を使って王を焼き殺そうとしますが、王の異能(シギル)で少女は転落死してしまいます。

【ダーウィンズゲーム】第2話のあらすじ

≪渋谷(ジェムストーンマイン)≫

目覚めたカナメはシュカにDゲームについて色々と話を聞きます。

すると、そこへ宝探しイベントの告知メールが!

シュカとカナメはイベント主催地の渋谷に下調べに行きます

渋谷でダンジョウ拳闘倶楽部のイヌカイとエンカウントバトルを終えた直後、宝探しイベントの転送が始まります。

3人は別々場所に転送され宝探しイベントが始まります。

ダーウィンズゲームアニメ【第2話】の感想・ネタバレ まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、ダーウィンズゲームのアニメの第1話の感想とネタバレをお伝えしました!

アニメ早々カナメがシュカと一緒に寝ているなんてびっくりしましたw

それとポイントをリアルマネーに換金できる、そんなアプリ現実世界でも出てくれないかなと思っちゃいました。

1ポイント10万円って相当すごいですよね!でもそういう換金システムの代わりに死と隣り合わせという過酷なゲームの中で生き残るカナメ、シュカはすごいなと思いました。

ダーウィンズゲームアニメ【第1話】ネタバレと感想をお伝えしました。

 

【第3話】はこちら<<◆>>【第1話】はこちら

 

最後まで読んでいただいて、本当にありがとうございました。

 

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です