チェンソーマン ネタバレ最新話確定速報93話 君と糞映画

こんにちは、こーです!

2020年11月16日(月)発売予定の週刊少年ジャンプ50号で、チェンソーマンの最新話93話が掲載されました

前回は、パワーの力を借りて復活を果たしたデンジが、普通とは何なのかを考える回となっていました。

デンジの想う普通は、『普通』ではなく『理想』だったのかもしれません。

そして、デンジが過ごしてきた日々こそが『普通』の生活だったことをコベニから言われた時、デンジはどのように感じたのでしょうか?

そして、テレビには自分の活躍を讃える群衆の姿…。

この映像を見て、デンジは何を想うのか…?

楽しみですね!

 

今回は、チェンソーマン93話のネタバレ最新話確定速報をしていきたいと思います。

 

94話(次回公開予定)<<♦>>92話はこちら

 

以下、チェンソーマンの93話のネタバレを含む内容になっております。

 

それでは、見ていきましょう!

 

チェンソーマン ネタバレ最新話93話前のあらすじ

前回のあらすじを簡単に確認しておくと…

  • 復活したデンジ
  • 『普通』とは
  • 群衆からのエール

となっていました。

チェンソーマンとしては、自身の力を弱めてしまう原因となった群衆からの応援。

人々がチェンソーマンを怖がらなくなったせいで、チェンソーマンの力はみるみる弱くなっていってしまいましたね。

しかし、デンジに意識が戻った今、この群衆からのエールはどのような作用をきたすのか…?

日本中の人から崇められる状況なんて、到底『普通』ではありませんからね!

そこら辺のデンジの想いの変化も気になる所です!

では早速、 チェンソーマン 93話 君と糞映画 を見ていきましょう!

 

チェンソーマン ネタバレ93話注目ポイント

93話の注目ポイントはこちらになります!

  • チェンソーマンに
  • あんな目にあっておいて
  • 糞映画はあるか?

以上の3つのポイントをチェックしていきます!

それぞれの注目ポイントと共に詳しい内容も確認していきましょう!!

チェンソーマン 93話のタイトル名

チェンソーマン93話のタイトル名は

君と糞映画

自身の事が話題となっているテレビを見つめるデンジ…。

『普通』を追い求めていたデンジにとって、突如現れた『普通ではない事態』ではないでしょうか?

この映像を見て、デンジはどう感じるのか?

そして、その感情から、どのような行動に繋がっていくのでしょうか?

展開としては全く分かりませんね…。

早速見ていきましょう!!

 

チェンソーマン ネタバレ93話

チェンソーマンに

テレビ画面には、『チェンソーマンTシャツ』と書いたフリップを持っている女子高生らしき姿も。

デンジはテレビにかじりついています。

「みんな……みんな俺ん事褒めてくれてる……」

画面の女子高生は『チェンソーマン!!つきあって!!!』と書いたフリップを掲げています。

「うえぇっ…!すげえええ…!スゲえモテてるう~…!すげえモテてるうう~…!」

涙を流しながらその映像を見ているデンジ。

岸辺はそんなデンジに「うるさい」と言い放ちます。

「オレえ…ホントは……実はホントはああ…。

朝…ジャム塗った食パンとはもう飽きてて…!

ホントは毎朝ぁあ、ステーキとかっ食いてえんですっ!

ホントはダメだけど!ひでえ事だけど…!

彼女とかもホントは……!5人!!10人くらい彼女ほしい!!

たくさんセックスしたいい!!」

呆れた顔の岸辺とコベニ。

「だから……」

 

だから俺、チェンソーマンになりたい…!

 

最高に正直に言いましたね。(笑)

 

あんな目にあっておいて

そんなデンジを見つめる岸辺。

「……目立てばマキマに殺されるぞ。アイツは耳がいい。

次チェンソーマンになる時は、マキマに殺される時だ」

そう諭されて、デンジはもう一度涙を流します。

 

夜。

コベニと岸辺は眠りに落ちていました。

デンジは一人、テレビに映るチェンソーマンの姿を観ています。

「俺はやっぱりチェンソーマンになりたい。その為に…

どうやったらマキマさんを殺せるんだろう」

デンジは考えます。

「チェンソー適当に振り回しても勝てる相手じゃねえ…。

今までマキマさんを見てきて話してきて、何か違和感があったハズだ。

考えろ、考えろデンジ。糞みたいな脳ミソ絞って考えろ。

あ~ダメだ…。俺の糞ついた脳ミソがもっとぐちゃぐちゃになってきた」

今までの思い出と共に、脳内に溢れ出すマキマの表情。

「最悪だな、オレ…」

 

あんな目にあっておいて、まだマキマさんの事が好きだ

 

糞映画はあるか

夜が明け、場面も変わり、どこかの墓地。

大量の十字架が立っています。

その十字架の上に座り込んでいるデンジ。

その身体はチェンソーマンに姿を変えています。

そこにやってきたのは、今までの手下を連れたマキマ。

「随分と弱々しい姿になってしまいましたね。ここへはわざわざ死にに来てくれたのでしょうか?」

「マキマさん、あんたの作る最高に超良い世界にゃあ、糞映画はあるかい?」

その声に驚くマキマ。

「どうしてデンジ君に戻っているのかな…」

少し怖い表情を見せます。

「私は…面白くない映画はなくなった方が良いと思いますが」

マキマはそう答えました。

「うーん…じゃ、やっぱ殺すしかねーな」

「はあ…」

呆れた様子のマキマ。

「貴方の今の姿も、話す内容も、チェンソーマンとして相応しくありません」

 

不愉快です。

 

墓標の上の烏達が、一斉に飛び立ちます。

マキマの後ろの手下どもは、魔人の姿に。

辺りには、チェンソーの音が響き渡っていました。

 

チェンソーマン ネタバレ最新話93話確定速報 まとめ

いかがでしたでしょうか。

 最後に、注目ポイントをまとめると

 

  • チェンソーマンに ⇒なりたい!!
  • あんな目にあっておいて ⇒まだマキマの事が好き
  • 糞映画はあるか? ⇒マキマを殺す決意が

となっていましたね。

再びチェンソーマンの姿に戻ったデンジ。

その音を察知し、目の前に現れたマキマ。

マキマvs.デンジの戦いが始まろうとしています。

デンジに何か勝つ手立てはあるのでしょうか?

気になりますね…。

次回は11月21日(土)発売のジャンプに掲載予定です!!

楽しみですね!!

 

94話(次回公開予定)<<♦>>92話はこちら

 

最後まで読んでいただいて、本当にありがとうございました。

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です