チェンソーマン ネタバレ最新話確定速報92話 ゾンビ・血・チェンソー

こんにちは、こーです!

2020年11月9日(月)発売予定の週刊少年ジャンプ49号で、チェンソーマンの最新話92話が掲載されました

前回は、パワーと契約を結び、デンジが復活を遂げました。

ポチタとの約束を裏切るかに見えたパワーでしたが、デンジとの絆の方が強かったようですね。

マキマの支配にも負けず、デンジに託すことを決めました。

お別れのシーン、悲しかったですね…。

最終局面へと突入しているチェンソーマン。

1話たりとも見逃せません!!

 

今回は、チェンソーマン92話のネタバレ最新話確定速報をしていきたいと思います。

 

93話はこちら<<♦>>91話はこちら

 

以下、チェンソーマンの92話のネタバレを含む内容になっております。

 

それでは、見ていきましょう!

チェンソーマン ネタバレ最新話92話前のあらすじ

前回のあらすじを簡単に確認しておくと…

  • パワーの想い
  • パワーとデンジの契約
  • デンジ、復活

となっていましたね。

アキやパワー、デンジと共に過ごしていた仲間たちの絆は知らない間に切っても切れないものへとなっていました。

パワー自身も、「誰が死のうと関係ないと思っていたのに、デンジだけは違う」という考えになっていました。

初期の頃から考えると、信頼関係が垣間見えて、感動でしたね。

それだけに!このお別れが悲しい…。

また再登場してくれる日を待っていましょう…。

 

パワー、また会おう!!

 

では早速、 チェンソーマン 92話 ゾンビ・血・チェンソー を見ていきましょう!

チェンソーマン ネタバレ92話注目ポイント

92話の注目ポイントはこちらになります!

  • 復活したデンジは
  • それが普通
  • 漫画の主人公の話じゃない

以上の3つのポイントをチェックしていきます!

それぞれの注目ポイントと共に詳しい内容も確認していきましょう!!

チェンソーマン 92話のタイトル名

チェンソーマン92話のタイトル名は

ゾンビ・血・チェンソー

最終局面突入記念&コミックス最新9巻発売記念として、今回は巻頭カラーとなっていました!!

ジャンプの代表作の一つでもありますからね!

巻頭カラーに描かれていたのはアキ・パワー・デンジの3人。

「さよならは言わない 必ずまた会えるから——…」という文字も。

悲しくもあり、温かみもある絵となっていました。

前回で復活を遂げたデンジ。

今後の展開はどうなっていくのでしょうか?

 

チェンソーマン ネタバレ92話

復活したデンジは

場面は街の奥の奥…。

地下のある一室です。

部屋の中にはデンジ・コベニ・岸辺の姿が。

「もう声を出しても大丈夫だ」と岸辺。

「ここなら少しの間は足がつかない。とりあえず腹に何か入れておけ」

ビニール袋の中には、沢山のパンが。

「私……色々見ちゃったから…マキマさんに殺されちゃうんですか…?」

コベニが質問します。

「ああ」と岸辺。

「家族とは…電話できないんですか…?」

「ああ」

「一生…ですか…?」

「多分そうだな」

その場に座り込むコベニ。

顔を伏せています。

「よかった……」とコベニは言いました。

「あ?」と聞き返すデンジ。

「離れる理由ができて良かった…」

「…誰から?」

「お父さんと…お母さんから……」

再び顔を伏せるコベニ。

デンジもコベニの横に座り込みます。

「食ったら寝ろよ。明日は早いぞ」と岸辺は言います。

 

それが普通

デンジがコベニを見ると、コベニは震えていました。

「ん、どうしたんだよ…」

「死ぬ…酷い目ばっかで…しっ、怖い…死ぬのが……。

デンジ君は…いきっ、デンジ君は…生き返れるからいいよね……」

少し考えてデンジは答えます。

「あんなあ……。

こう見えてもいま俺はな、俺ん心はなあ、糞詰まったトイレん底に落ちてる感じなんだぜ。

今までの良い思いも悪い思いも全部…全部が他人に作られたモンだったんだ。

俺は最高にバカだから、バカみてえにと暮らしてたんだけど、気付いてみりゃあバカのせいで全部だめになってたんだ。

今思えば俺はな~んにも自分で決めてこなかったな…。

誰かの言われるがまま何も考えねえで使われてさ…決めてたのは昼飯に何食うかくらいでよ。

これから生き延びれても俺はきっと…犬みてえに誰かの言いなりになって暮らしてくんだろうな」

 

「それが普通でしょ?」

 

 

「え?」

デンジは驚いて聞き返します。

 

ヤな事がない人生なんて……夢の中だけでしょ……

 

漫画の主人公の話じゃない

コベニのその一言に、思考が止まるような様子のデンジ。

「あれ…?」

デンジの考えが定まりません。

「あ、でも俺…普通になりたくて……

 

「デンジ君は普通になりたいの?」

 

チェンソーマン

 

テレビから声がします。

 

「彼の名を知らない人はいないでしょう。

頭にチェンソーを携えて悪魔を一人でバサリバサリと切り倒す。

正体は明かさない、見返りは求めない。

いいですか?これは漫画の主人公の話じゃないですよ?

倒れても倒れても、最後には必ず起き上がる男、チェンソーマンの話です」

 

「ちぇっ…チェンソーマン…?」

テレビ画面に映るチェンソーマンの姿を観ます。

 

「オレじゃん……」

 

「チェンソーマンありがとおおおおお!!

チェンソーマン!!チェンソーマン!!チェンソーマン!!」

テレビ画面にはいっぱいのチェンソーマンを讃える群衆の映像が。

デンジは、その映像を見ながら、テレビの前に立ち尽くしていました。

 

チェンソーマン ネタバレ最新話92話確定速報 まとめ

いかがでしたでしょうか。

 最後に、注目ポイントをまとめると

  • 復活したデンジは ⇒コベニと共に地下へ!
  • それが普通 ⇒嫌なことがない事なんてない
  • 漫画の主人公の話じゃない ⇒チェンソーマンの話だ!!

となっていましたね。

コベニの言葉が胸に刺さりますね…。

デンジが思う「普通」と言うのは、いったいどういうものをいうのか…。

私達の「普通」とはどう違うのか…。

そして、デンジは本当に「普通になりたい」だけなのか…。

色々なことを考えさせられる1話となっていた気がします。

次回からの展開はどうなっていくのか?

コベニと共に現状を打破していくのでしょうか?

気になりますね…。

 

93話はこちら<<♦>>91話はこちら

 

最後まで読んでいただいて、本当にありがとうございました。

 

 

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です