アサシンズプライドの感想とネタバレ【第2話】公開試合!メリダvsメルダ

こんにちは、こーです!

今回は、アサシンズプライドの第2話の内容について感想とネタバレの記事になります!

前話で、マナの習得に成功したメリダ。本話は、マナを使った実践編です。

 

【第3話】来週公開予定!<<◆>>【第1話】はこちら   

 

 

以下、アサシンズプライド【第2話】の感想・ネタバレを含む内容になっております。

 

アサシンズプライドの感想・ネタバレ【第2話】

感想・ネタバレ【第2話-1】「サムライ」

前話で、クーファの薬により強制的にマナを発現させることに成功したメリダ。

本話の冒頭では薬の後遺症が無いか、クーファによるメリダのバイタルチェックが行われていました。

恥ずかしがるメリダとは対照的に黙々と作業を続けるクーファ。

メリダは赤面していましたねぇ~。もう惚れてるんか?w

クーファが言うには、メリダが獲得したのは「パラディン」ではなく「サムライ」という位階のマナのようです。

これはクーファと同じだよ!

 

検査の結果、薬の後遺症などはとくに見受けられなかった様子。

 

「先生?私は先生の生徒になれますか?」

メリダはクーファに問います。

 

「お嬢様は、もうすでに俺の自慢の生徒ですよ」

 

その言葉に喜びをあらわにするメリダでした。

 

マナを得たメリダですが、クーファからマナの使用に関して条件が課されます。

それは、「一週間後の公開試合まで、クーファとの訓練いがいの所でマナを使用することを禁ずる」というものです。

 

メリダのマナは、目覚めたばかりでまだ不完全なものでした。

だからクーファはマナの使用に制限をつけたんだね。

感想・ネタバレ【第2話-2】 ロゼッティ・プリケット

クーファとメリダが廊下を歩いていると、2人をつける怪しい人影が。

もちろんクーファはその気配に気づきます。

姿を現したのは、第1話でクーファが駅で荷物持ちをしてあげた美少女と、エリーゼ・アンジェル

この美少女の名前は「ロゼッティ・プリケット」と言い、かなりの有名人らしいです。それもその筈、

ロゼッティ・プリケットとは
  • 下層居住区に産まれながら、幼き日にマナを発現
  • 最年少で「クレストレギオン」へ入隊
  • 国王から「キャリアマーキス」という特別な爵位を貰った

という超絶ハイスペック女子なのです。

ロゼ「ロゼって呼んでね^^」

でもでも、ハイスペながら気さくでいい感じの娘みたいですね^^

そんな彼女に対してクーファは冷たくあしらいます。

クーファはロゼの事を「ちゃらんぽらん」と評し、メリダの教育に悪影響を及ぼすと言い放ちます。

流石アサシン、血が通ってねぇ…。

ロゼは「覚えてらっしゃ~い」的な感じでその場をそそくさと後にしました(笑)

感想・ネタバレ【第2話-3】公開試合

そして遂に「公開試合」当日。メリダは明らかに自信なさげ。

沈むメリダの所へ、あの嫌なヤツ(メルダ)が登場。

この時のメルダの言動が真っ子とイヤなヤツを体現していましたw

ここでクーファが一言、

 

「いい加減耳が腐りそうなので、黙ってくださいますか、このメス猿」

スカっっっとしたぁ~wwww

そんなこんなで公開試合開始。

公開試合のルール

〈ルール〉一ユニットの上限は5人であり、一ユニット対一ユニットとなって15分間競い合う。各ユニットには、台座に太陽の血の灯された「大燭台」と呼ばれる拠点が一ヶ所ずつ割り与えられ、自分のユニットの大燭台を守りきりながら、相手ユニットの大燭台の太陽の血を鎮火することができれば勝利。フィールドにはスケールの小さい「小燭台」があちこちに点在しており、マナを流し込むことで点火と鎮火を切り替えられる。制限時間後に両ユニットの大燭台が健全だった場合、点火した小燭台の数が多い方が勝利となる。
(引用元:Wikipedia

メリダは試合開始早々、メルダへ特攻。一方のメルダは舐め切った様子でメリダを迎え討ちます。

メルダがマナを使って攻撃しようとした瞬間、メリダの「サムライ」のマナにより攻撃をはじき返します。

逆上したメルダは強力な一撃をメリダに見舞います。

 

しかし、クーファとの修練によってその程度の攻撃はメリダには通用しなかった様子。

 

逆に、メリダがメルダを追い込みます。

しかし、ラスト一発で決着を付けられそうといったところで、何とメリダのマナが底を尽きてしまいました。

 

ここぞとばかりにメリダを追い込むメルダ。

とうとう刀も折られ、メルダの渾身が渾身の一撃を放とうとした瞬間。

 

「幻刀一閃・風牙!」

マナを収縮させ、不可視の衝撃波を放つ大技により見事メルダを打ち取ったメリダ。

その後、仲間の協力もあり「公開試合」はメリダ陣営の勝利で締めくくられました!

アサシンズプライドの感想・ネタバレ【第2話】 まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、アサシンズプライドの第2話の内容について感想とネタバレを書かせていただきました。

試合後、メルダは負けを認めたのか、メリダへ謝りにきてましたね。これで本当の”友達”になれるのでしょうかね?

また、メリダの勝利にも父親はあまり関心が無い様子でした。

やはり、メリダが不倫相手の子供だから避けているのでしょうか…。

次回の展開が楽しみです。

 

【第3話】来週公開予定!<<◆>>【第1話】はこちら  

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です