ありふれた職業で世界最強のハウリア族の特徴や得意技について!

今回は、ハジメの仲間になった「シア・ハウリア」の、「ハウリア族」についてご紹介します!

ハウリア族の特徴や得意技、温和なハウリア族の性質が豹変するに至った経緯についてお話させていただきます!

どうぞ、最後までご覧ください^^

合わせて読みたい
ありふれた職業で世界最強のハウリア族のシアについて

ありふれた職業で世界最強の各話感想、ネタバレは
ありふれた職業で世界最強・各話紹介
にまとめていますので、ぜひご覧ください!

「ありふれた職業で世界最強」のハウリア族の特徴

「ありふれた職業で世界最強」のハウリア族の特徴1:基本情報

  • 見た目  バニーガール、バニーボーイ、、、。
  • 性質   極めて温和、殺生が大の苦手
         平和ボケしている
  • 戦闘能力 戦闘になった場合100%負ける

「ありふれた職業で世界最強」のハウリア族の特徴2:極めて温和

ハウリア族は極めて温和な一族で、動物や虫を殺すことが苦手な他、花を踏み潰すことさえもためらうほどの平和主義者です。そのため、一族全員が平和ボケのような状態になっていて、ハジメ一行から感覚が「・・・ズレてる」と思われています。

過酷な試練を乗り越えてきたハジメやユエからすると、命を狙われているにも関わらず危機感を抱かないハウリア一族の感覚がありえないのでしょう。

「ありふれた職業で世界最強」のハウリア族の特徴3:戦闘能力が皆無

亜人族は人間族や魔人族と異なり、魔法を使えません。ただでさえ亜人族はトータスの世界では弱く、非差別者として扱われ、ハルツィナ樹海に追いやられています。

ハウリア族はそんな亜人族の中でも最弱とされているので、恐らく、トータスの世界でハウリア族が立ち向かえる相手はいないでしょう。

そのため、ハウリア一族には敵から身を守るための術が先天的に備わっています。

「ありふれた職業で世界最強」のハウリア族の得意技は?

「ありふれた職業で世界最強」のハウリア族の得意技1:隠密が得意

トータスの世界で勝てる相手がいないハウリア族。そんな彼・彼女らが生存するために身につけたのは、「隠密」の技術でした。

とにかく戦闘を避け、気配を消し逃げに徹する。これがハウリア族が生き残るために必要不可欠なものだったのです。

「ありふれた職業で世界最強」のハウリア族の得意技2:索敵が得意

ハウリア族の耳はただの飾りではありません。

縦に伸びた大きな耳の聴覚を活かした「索敵能力」は他の種族よりも優れていて、いち早く敵の存在を察知する能力に長けています。

 

この二つの能力を活かして、ハウリア族は今まで細々と命を繋いできたと考えられます。

「ありふれた職業で世界最強」のハウリア族の数奇な運命

「ありふれた職業で世界最強」の世界でのハウリア族の立ち位置

「ハウリア族」は別名「兎人族」とも呼ばれます。兎人族のほうがイメージしやすいかもしれませんね。ハウリア族の頭にはウサギの耳のようなものが生えていいます。だから「兎人族」と呼ばれています。

ハウリア族は「亜人族」の中の一種ですが、亜人族の中でも弱小の種族で、カーストでいうとほぼ最下層に位置していると思います。

また、元々はハルツィナ樹海奥地の亜人の国「フェアベルゲン」に、他の亜人族と共に住んでいましたが、魔力を持った「シア・ハウリア」を匿っていたことが他の亜人族にバレて、フェアベルゲンを追放されてしまいます。

「ありふれた職業で世界最強」のハウリア族は追放されてからもツキが無かった

フェアベルゲンを追放されたハウリア族一行は、どこへ行くでもなく放浪していましたが、その道中で運悪くヘルシャー帝国の兵士に見つかってしまい、一族もろとも捕らえられそうになります。(※弱小一族のハウリアは、捕らえられた場合は奴隷として使役されることがほとんどで、捕まったら最後)

逃げ続け、たどり着いた先が、これまたライセン大峡谷という、凶悪な魔物がうじゃうじゃいるところでした。帝国の兵士もそこまでは追ってこれませんでした。

弱小のハウリア一族は魔物に対して当然抵抗することもできません。

「ありふれた職業で世界最強」のハウリア族とハジメとの出会い

ハウリア族の誰もが「もうだめだ」と思った矢先、シア・ハウリアがハジメと共に現れ、ハジメの圧倒的な力によりハウリア一族は九死に一生を得ます。

いやーよかったよかった。

と思ったらハジメに出会ったことでハウリア一族に変化がもたらされます!

「ありふれた職業で世界最強」のハウリア族がハジメとの出会いで性質が豹変!?

「ありふれた職業で世界最強」のハウリア族がハジメによって鍛え直される

ハジメは目的を達成するまでハウリア族の命を保障すると約束します。しかし、その約束が果たされてしまえばハウリア族は無防備。やられたい放題になってしまいます。

そんな危機感も持たないハウリア族にキレたハジメは、ハウリア族強化計画を実行します。それは、ハジメとの約束が果たされるまでの10日間の間に、”とある戦争映画の軍曹”を彷彿とさせるような戦闘技能についての猛特訓を施すというものでした。

その結果、ハジメは見事ハウリア族を”自立”させることに成功します。ただ一つの失敗を除いては、、、。

「ありふれた職業で世界最強」のハウリア族がハジメによって鍛えられすぎて殺戮部隊に!?

ハジメの猛特訓により見事戦闘技能を身につけたハウリア族ですが、ハジメの行き過ぎた特訓により、ハウリア一族の性質すらも”変心”させてしまいます。

簡単に言うと、殺戮に特化したメンタルになってしまったのです。

(以下、「小説家になろう ありふれた職業で世界最強 むしろ豹変したのはハウリア」からの引用です。

  • 「そうなんですよ、ボス。こいつら魔物の分際で生意気な奴らでした」
  • 「きっちり落とし前はつけましたよ。一体たりとも逃してませんぜ?」
  • 「ウザイ奴らだったけど……いい声で鳴いたわね、ふふ」
  • 「見せしめに晒しとけばよかったか……」
  • 「まぁ、バラバラに刻んでやったんだ、それで良しとしとこうぜ?」

(引用:「小説家になろう ありふれた職業で世界最強 むしろ豹変したのはハウリア」

訓練の前は「お花さんが~」とか、魔物を殺す度に「ああ、どうか罪深い私を許しくれぇ~」とかつぶやいていたのが、上記のようなセリフを吐くようにまでなりました。虫も殺せなかった種族が、勝つためには手段を選ばない暗殺者集団になってしまったのでした(笑)

この凶暴さを以って、亜人族の中でも戦闘に長けた熊人族の集団をボコボコにしますww

ありふれた職業で世界最強のハウリア族の特徴や得意技について! まとめ

今回は、「ありふれた職業で世界最強」のトータスの世界において最弱のハウリア族についてご紹介しました。また、彼らの豹変についても。

ハウリア族がハジメの特訓を受けて豹変していく様はコミカルで、なんだか面白かったですw

後に、ここで得た力を使って、ハウリア族は亜人族の中での地位を築いていくことになります。

そのお話はまた今度。

ハウリア族のシア・ハウリアについては、
ありふれた職業で世界最強のハウリア族のシアについて
で紹介しているので、よろしければどうぞ!

ありふれた職業で世界最強の各話感想、ネタバレは
ありふれた職業で世界最強・各話紹介
にまとめていますので、ぜひご覧ください!

 

スポンサードリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です